« 『1968』#3 三島由紀夫とパラダイム転換 | Main | GXRに素通しのビューファインダー »

January 07, 2010

「しみづ」のお正月

Shmizu_kuenabe

 愛する「しみづ」ですが、ここ数年、三が日の特別料理が楽しみになっています。

 今年は「くえ鍋」をメインにやってもらいました。

 ご主人が理想とする店をつくりたかった、という新しい店に移り、本当に使いやすく、居心地もよくなった「しみづ」ですが、普段座っているカウンターだけでなく、二階も大きく変わり、ゆったりと過ごせるようになりました。

 料理は茶碗蒸しから始まったのですが、今回はお正月の乾杯用にジャック・セロスも用意していただきました。

 やっぱり盛り上がりますよね、シャンパンは。

Shimizu_jaque_selosse

 ブリュット・イニシャルならなおさら(Jacques Selosse Brut INITIALE NV)。

 後はこのわた、アンキモ、お造りと進んで、メインの「くえ鍋」に。

 身は、最初、シャブシャブのようにいただいたんですが、いやー、こんなの初めて。

 クエの身はプリップリで、しかも海そのものといった深い慈味を感じさせてくれる。

 箸が進んで、進んで、あっちゅう間にお出汁の温度が下がってしまうほどw

 いやー、にしても寒ブリのシャブシャブも旨いんですが、さらに王者の味を感じさせてくれます。

 もちろん最後の〆は雑炊に。

 個人的には、鍋物の雑炊ではスッポンが一番旨いとおもっているんですが、それ並の旨さ!

 いやー、まいりました。

Kuenabe_zoshui_shimizu

 尊敬するさくまあきらさんは「嵐山吉兆」でのお正月を恒例にしているそうで「毎年ここに来れることを目標にすべきだと思うようになった」としています。

 ぼくも、毎年、三が日に「しみづ」に行けるよう頑張っていこうかな、と。

|

« 『1968』#3 三島由紀夫とパラダイム転換 | Main | GXRに素通しのビューファインダー »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/47229054

Listed below are links to weblogs that reference 「しみづ」のお正月:

« 『1968』#3 三島由紀夫とパラダイム転換 | Main | GXRに素通しのビューファインダー »