« iアプリの共同通信と、民主党webは今や必需品 | Main | GXRを導入 »

December 18, 2009

『金融恐慌とユダヤ・キリスト教』

Jude_christian_economics

『金融恐慌とユダヤ・キリスト教』島田裕巳、文春新書

 なんか、たまに経済書コーナーとか見ると、賞味期限3ヵ月みたいな本ばっかり並んでいて、見ているだけでその精神の不況感にガッカリしてしまいます。

 んなに安直に不況が克服できたら誰も苦労なんかしないし、もしかして、不況を克服するという命題そのものが間違っている可能性だってあると思うけど、まあ、それはおいといて、サクッと読めてちょっと面白そうな本を見つけました。

 それが『金融恐慌とユダヤ・キリスト教』。

 島田さんってオウム事件の時、いわれもない罪で大学を辞めさせられちゃった人で、その後も軽い本ばかり書いているような感じもするけど、まあ、ビジネス書ばかり読んでいるような方がいるとすれば、たまには、こんな別なというか、大きすぎる視点から考えるのもいいんじゃないか、みたいな本です。

 面白かったのは2ヵ所。

 アダム・スミスが道徳哲学から出発したように、経済では人間の欲望のあり方をどのようにとらえ、それをどこまで抑圧していくのかを問う道徳や倫理の問題が必ずセットになっている、ということを改めて強く指摘していたあたり。経済では金銭が中心的な役割を果たし、そこには人間の欲望が深く関わってくるからということで、経済学を発達させたヨーロッパは、ユダヤ・キリスト教の伝統があり、欲望を抑制することが重視され、ヴェーバーもそういった視点から資本主義の精神が誕生したとみていた、と(pp.148-150)。

 もうひとつは日本論。基本的に無神論的なというか、共同体至上主義的な日本社会では、欧米のように「神の見えざる手」に対する信頼は生まれにくく、また、日本の神話などをみても禁欲的ではない、と。だから、90年代にバブル崩壊を経験した後は、欧米のよに「神の見えざる手」に対する信仰などないから、今回のサブプライムローンに関しても比較的傷が浅くてすんでいる、みたいあたり(p.171-)。

 《日本人が信頼を寄せることができるのは、目に見えない神ではなく、人であり、物である》《(堀江貴文や村上世彰などの)若い世代が断罪されると、それに納得し、自分たちの感じた疑いや不安には十分に根拠があったと感じるようになっていった》(p.227)。

 やっぱ今の経済は神学を理解しないと解けない、なんてことは思ってもみませんが、たまたまメチエの新刊で『トマス・アクィナス『神学大全』』というのも見つけたので読んでみましたが、これは途中で投げ出しました…。

 ま、『金融恐慌とユダヤ・キリスト教』は気分転換にどーぞ。

|

« iアプリの共同通信と、民主党webは今や必需品 | Main | GXRを導入 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/47048566

Listed below are links to weblogs that reference 『金融恐慌とユダヤ・キリスト教』:

« iアプリの共同通信と、民主党webは今や必需品 | Main | GXRを導入 »