« 『首相の蹉跌』 | Main | 中本・新宿店の「ともっクリーミー」 »

November 29, 2009

『ジミーの誕生日』

Jimmys_birthday

『ジミーの誕生日』猪瀬直樹、文藝春秋

《いずれ昭和天皇は亡くなれば皇太子明仁が天皇として即位する。12月23日は祝日になる。その日に東條が絞首刑になった日だということを日本人が想い出すはずだった。新しい天皇にも戦争責任が刻印され、引き継がれる》(p.266)

 猪瀬直樹は石原某の下で副知事とかやってるけど、書くときは書くわな、みたいな感じを受けました。

 ちなみに、12月23日というのは岸信介らも同じ日に釈放されていて、ぼくにとってのこの日のコントラストは絞首刑になった東條英機と出獄して弟の佐藤栄作にタバコの火をつけてもらっている岸信介とだったんですけどねぇ…さすが『天皇の影法師』『ミカドの肖像』の猪瀬直樹。

 ある子爵の孫から調べて欲しいと依頼のあった、その子爵の祖母の日記から、マッカーサーはいまの明仁天皇の誕生日にA級戦犯を死刑にすることで、アメリカには逆らえないという記憶を植え付けたという推測が浮かび上がるという内容で、一部にフィクションを加えてあるものの、基本は事実に基づいた物語だそうです。

 タイトルにあるジミーというのは占領中の英会話教師だったバイニング婦人が明仁皇太子(当時)につけたニックネーム。

 バイニング婦人はクエーカー教徒で、宮内庁がクエーカー教徒は絶対に布教しないということで指定した、というのは有名な話ですが、しかし、そんな細かなところにかかずらわっているうちに、誕生日に戦犯を絞首刑にして、もっと深い傷を付けられたというんだから、たまったもんじゃなかったろうね、みたいな。

 冒頭の引用はラストに近い場面ですが、この日記を調べて欲しいと依頼した子爵の孫はこの後《「でも東條が処刑された日など、いま誰も知りませんよね」》と問うのですが、これに対する猪瀬さんの答えは簡潔にして深いです。《「ただひとりを除いてね」》。

 憲法記念日の5/3は東京裁判の開廷した日、A級戦犯が起訴されたのは旧天皇誕生日の4/29、東條たちが処刑されたのは12/23の今の天皇誕生日。

 そして日本側に憲法草案の締切り日として指定された2月12日はリンカーンの誕生日で、国体護持になおもこだわる日本側に最後のタイムリミットとして示されたのはワシントンの誕生日でした。ちなみにワシントンとリンカーンの肖像画はマッカーサーが常に執務室に掲げていたそうです。

 暦というのは支配者が決めるということにも改めて想いをいたしました。

 こうした交渉を行ったマッカーサーの分身であるホイットニー民政局長と、物語の発端でもある子爵夫人といい仲になったケーディス大佐は、当時の吉田茂外相に対して、アメリカ側が用意した草案を見せる時に、わざとB29を低空飛行させたそうです。そして、アメリカ側が本気かどうかを探るために来た白州次郎に対しては「われわれは、戸外で原子力の起こす暖を楽しんでいるのです(We are out here enjoying the warmth of atomic energy)」とわざとらしく警句を発したそうです。

 こうした作業は、マッカーサーが進駐コストを下げるために、極東委員会が求めてきた昭和天皇の起訴を避けるためでもあったわけですが、敗戦直後、重光外相が戦艦ミズーリでの降伏文書署名の際、小さなボートから甲板にあがるために10階分ぐらいの階段を歩かされ、水を所望したのに断られて敗戦の意味を噛みしめたというあたりも新味でした。

 また、敗色濃厚となった時に奥日光に疎開していた明仁皇太子(当時)を拉致して、本土決戦をなおも継続しようとした動きがあったというのも初めて知りました。

 あと、僕たちはそう思ってないけど、アメリカ人は「日本人は突然キレてワイハを爆撃するかもしれない」と思っているらしいというあたりには笑ったかな。

 ワンイシューの軽い読物ですが、次の12月23日には、いろんなことを考えさせられそうです。

|

« 『首相の蹉跌』 | Main | 中本・新宿店の「ともっクリーミー」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/46894000

Listed below are links to weblogs that reference 『ジミーの誕生日』:

« 『首相の蹉跌』 | Main | 中本・新宿店の「ともっクリーミー」 »