« 「手打ちそば さぶん」の蕎麦掻き | Main | 「割烹 新多久」の鮭料理 »

November 17, 2009

由良之助役者は七段目、由良之助は仁左衛門

Kabukiza200911b

 歌舞伎の本の中で(いや、もちろんわかりますよ、元はと云えば人形浄瑠璃であったとことは)、一番、色っぽい役は、仮名手本忠臣蔵の七段目の大星由良之助だと思います。

 大望(それは自身の破滅をも意味するわけですが)を秘めつつ、それを敵方に悟られぬように、派手な紫の着付けで羽織を片袖はずし、頭には飾り紙をつけて一力茶屋で遊ぶ由良之助。

 しかも出は目隠しされている。

 自らの運命に翻弄されつつ、あえて死を想わず、一時の享楽に身を委ね、酒に溺れながらも、醒めている部分もある。

 こんなに自分をコントロールしつつ、死に向かって疾走していく姿なんて、カッコ良いに決まってます。

 でも、余りにもカッコ良いから、演じる役者には格が求められる。

 仁左衛門さんは、おそらく、今の歌舞伎座で、仮名手本忠臣蔵の七段目の由良之助を演じるのは、自分が最後だと思って舞台に立っていると思います。

 その覚悟が、由良之助の覚悟と重なって、この由良之助を見物して、本当に良かったと思いました。

 ぼくの知っている範囲では、先代の幸四郎さんが最高の由良之助役者だと思っていましたが、仁左衛門さんの由良之助は色っぽさと悲劇性を、より深く感じさせられました。

 観てよかったな、と思います。

|

« 「手打ちそば さぶん」の蕎麦掻き | Main | 「割烹 新多久」の鮭料理 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/46790070

Listed below are links to weblogs that reference 由良之助役者は七段目、由良之助は仁左衛門:

« 「手打ちそば さぶん」の蕎麦掻き | Main | 「割烹 新多久」の鮭料理 »