« 「松下製麺所」 | Main | 「さか井」のゴージャス丼 »

October 17, 2009

『民主党政権』大下英治

Jdp

『民主党政権』大下英治、ベストセラーズ

 11月号の文藝春秋は政権交代特集というか民主党特集で面白かったです。小沢ガールズの鼎談で三宅雪子は石田博英の孫だったんだな、と知りました。いいところからリクルートしてきますよね。

 赤坂太郎は冴えています。衆院議運委員長に松本剛明を据えたのは豪腕・小沢の見事な人事というあたり(にしても松本剛明って伊藤博文の子孫だったのか…)。小沢幹事長は来年の参院選で二人区に二人を立てる方針とか。二人目には自民党で落選した根本匠、宮澤洋一なんかをもってくるみたいな話も書かれていました。

 立花隆の小沢一郎研究はあまりおもしろなかったけど、これで『民主党政権』木下英治を買ってみようと思ったんです(あと石破、与謝野、鳩山邦夫の鼎談は笑ってしまいました。自民党は厳しいなぁ…こんな敗因分析いつまでもやってたんじゃねw)。

 ということで、『民主党政権』大下英治を読んでみたんですが、舞台裏の話よりも、「第4章 官僚主導政治を打破せよ」で、マニフェストのバックグラウンドになっている考え方みたいなのがわかった感じがします。

 鳩山政権発足直後から、官僚による記者会見は制限されてきました。これは英国にならったものですが《イギリスには、「シビルサービスコード」という規則があり、高級公務員が公の席で国政に関して意見表明をすることは禁止されている》《大臣や副大臣、内閣メンバーに対して、自分の知識や経験を通じて大いに具申をすることは当然の仕事として認められている。しかし一方で公の席で、「消費税はこうすべきだ」とか「道路特定財源はこうすべきだ」と発言することは禁止されている。それを言うべきなのは、大臣や副大臣、あるいは与野党の議員であり、プロパーの官僚には、それが禁止されているのだ》《イギリスにおける官僚は、内閣をサポートする専門家集団として位置づけられており、政治的中立性を厳密に守っている。政治家がやるべきことの範囲も、きちんとした線が引かれている》(p.168、170)ということ。

 菅直人はプレスコット前副首相から、日本で行われている国会質問の「質問取り」はイギリスであり得ない、と指摘されます。イギリスでは大臣自らのインテリジェンス手段を講じて収集するそうです。日本では官僚が取ってきた「質問」に官僚が作文した回答を「答弁」することが続いていましたから、官僚支配が続いてきたわけです。そして《高度成長に成功したころから、下僚組織は増大する税収を前にして、国の将来よりも自分たちの組織の利益を優先しはじめてしまった》と(p.177)。

 自民党の長期政権が続いた頃は、政策がどのように発案され、それが議論を通じて肉付けされていったか、あるいはねじ曲げられていったかなどの文書は基本的に残っていません。「島」と呼ばれる机を並べた職員同士が情報を共有しますが、文書化された資料はすべて捨てられていきます。政治家が利権がらみで横槍を入れた証拠などが残るためです。こうしたネガティブな側面だけでなく、うまくいった場合のプロセス、その発案者なども特定できません。民主党政権では、こうしたプロセスすべてが記録され、保管されていくとのことです(p.182-)。逆に自民党政権でこうしたことができなかったのは、職務権限のない自民党内の各部会メンバーが政策変更を要求し、利権を確保していた、という構造があったからなんですねぇ。

 こうしたことから、一般会計が百兆円なのに特別会計が三百五十兆円にも達するようになっていったわけです。

 あと、山崎養世さんという人にはちょっと注目していこうかなと思いました。この人が高速無料化を提案したというのですが、50万人も職員を抱えていた国鉄と違って職員は道路関係四公団を併せても1万人しか職員がいないので雇用問題はほとんど発生せず、保有している膨大な土地を基礎に開発を進めれば超大型の優良不動産企業となり、株式を上場したり、開発した不動産を売却すれば、十兆円程度の借金なら返せるだろう、というのが大枠みたいです(p.238)。

|

« 「松下製麺所」 | Main | 「さか井」のゴージャス丼 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

自民党
多分来年の参院選もボロ負けでしょう

Posted by: y_kosugi | October 20, 2009 at 01:36 PM

まあ、このままいけば、ボロ負けでしょうねぇ。テレビ討論なんか見ても、政務次官クラスが堂々と自民党の大物と渡り合っていますからねぇ。ほんと、自民党は長期政権にあぐらをかいてましたよね。
ただ、政界は一寸先は闇ですからねぇ…

Posted by: pata | October 20, 2009 at 03:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/46505279

Listed below are links to weblogs that reference 『民主党政権』大下英治:

« 「松下製麺所」 | Main | 「さか井」のゴージャス丼 »