« 『裏支配 今明かされる田中角栄の真実』 | Main | 『はじめての言語ゲーム』 »

July 31, 2009

竹葉亭の「鰻お丼 お吸物付き」

09

竹葉亭木挽町本店 中央区銀座8-14-7 3542-0789

 先日、近くを通りかかったので「そうだ竹葉亭で鰻丼でも喰おう」と思って向かいましたが、間違って吉兆に入りそうになりました。

 一本道が違うだけで、なんとなくつくりは似ているし、近いだけに蒲焼きの香りもするので「あれ?」と一瞬、狐につままれたような気分になりました。

 ということですが、無事、椅子の席につくことができ、「鰻お丼 お吸物付き」\2,625をいただくことができました。

 タレは甘くなく上品。

 なんつうか安心感のある味。

 シチュエーションも含めて、また来たくなるお店ですよね。

|

« 『裏支配 今明かされる田中角栄の真実』 | Main | 『はじめての言語ゲーム』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/45792952

Listed below are links to weblogs that reference 竹葉亭の「鰻お丼 お吸物付き」:

« 『裏支配 今明かされる田中角栄の真実』 | Main | 『はじめての言語ゲーム』 »