« 三原カレーコーナーの「メンチカレー」 | Main | 『街道をゆく11 肥前の諸街道』 »

June 08, 2009

ウズベキスタン戦勝利を日本で一番ホッとして見ていたのはY主審じゃなかったかな

 6日に行われたウズベキスタンvs日本戦では、日本代表の勝利と4大会連続のワールドカップ出場という結果には満足しつつもシリアの審判のミスジャッジに非難が集中しています。でも、ウズベキスタン側にとってみれば「今日はこのへんで勘弁してやる」ぐらいの感じじゃなかったんですかね。

 今をさかのぼること4年前。場所も同じタシケントならば、試合もワールドカップ・アジア予選。しかも、プレーオフ第1戦のウズベキスタンvsバーレーン戦で、日本人のY主審の誤審でウズベキスタンは勝っていた試合を再試合にさせられ、結局、プレーオフで敗退してしまったという過去があったんですよね。

 この試合の顛末は複雑。「ウズベキスタンの1点リードで迎えた前半39分、日本のY主審はウズベキスタンにPKを与え、これをジェパロフが決めたが、数人のウズベキスタンの選手がペナルティーエリア内に入っていた。主審はここでPKのやり直しを命じるべきだったが、ゴールを取り消し、バーレーンにFKを与えてしまった。ウズベキスタンはこの試合結果を不満とし、再試合ではなく3-0での勝利を主張していたが、この訴えは却下された。再試合は10月8日にタシケントで行われ、その4日後に第2戦が行われる。プレーオフの勝者はCONCACAF(北中米連盟)地域の4位チームと対戦する」ことになったのです。

 確かホームでの再試合は引き分けに終わって、アウェイで負けてトリニダード&トバゴとの大陸間プレーオフにはバーレーンが回ったと思います(結局、ドイツ行きはトリニダード&トバゴ)。

 まあ、どっちにしてもトリニダード&トバゴの方が強かったかなとは思いましたが、当時は「ウズベキスタンも頑なだよな。1-0で満足しておけばよかったのに。原理主義っぽいのはアカンわな」とか思ってすっかり忘れていましたが、よーく考えてみると、シリア人のジャッジの頭の中には、こんな歴史の記憶があったんじゃなかったのかな、みたいな。

 ま、とりあえず、勝ってよかったですが。

|

« 三原カレーコーナーの「メンチカレー」 | Main | 『街道をゆく11 肥前の諸街道』 »

W杯」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/45276044

Listed below are links to weblogs that reference ウズベキスタン戦勝利を日本で一番ホッとして見ていたのはY主審じゃなかったかな:

« 三原カレーコーナーの「メンチカレー」 | Main | 『街道をゆく11 肥前の諸街道』 »