« 景気回復とジャック・セロス | Main | 『米原万里、そしてロシア』 »

June 20, 2009

穴子家の「おまぜ」

Angoya_omaze

穴子家 中央区八重洲1-5-3 不二ビル B2F 3276-0580

 いろんなランチのネーミングはありますが、穴子の名店、東京駅に近い「穴子家」のランチ寿司なんか素晴らしい部類に入りますよね。

 なにせ「おまぜ」。

 穴子専門店だから、普通の握りは、いろんなネタの寿司を混ぜて出すので「おまぜ」になったんでしょうね。

 前回は太巻きをいただきましたが、ひとりでいただくのは辛い…。

 ということで、今回は「おまぜ」

 ネタはけっこう新鮮ですよ。

 カウンターも清潔感あふれているし、お椀もちゃんとしてます。

 東京駅から歩いて1~2分のところで、こんなのが1050円でいただけるんですから、それだけでも満足です。

|

« 景気回復とジャック・セロス | Main | 『米原万里、そしてロシア』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/45400783

Listed below are links to weblogs that reference 穴子家の「おまぜ」:

« 景気回復とジャック・セロス | Main | 『米原万里、そしてロシア』 »