« 中本・新宿店の「和風黒北極」 | Main | 「前島」の富士宮やきそばとしぐれ焼き »

May 02, 2009

『乗っ取られた聖書』

Nottorareta_seisho

『乗っ取られた聖書』京都大学学術出版会、秦剛平

 最近、結構、秦先生の本をよく読んでいます。

 秦先生は七十人訳聖書(ユダヤ教の聖書≒キリスト教の旧約聖書のギリシア語訳)のいわゆるモーセ五書(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)の部分の個人訳を出されていまして、その孤独な作業の中で蓄えられてきた、様々な知識を、こうした形でダイジェストで明らかにしているんだと思います。

 題名は、京都大学学術出版会からの学術書としてはセンセーショナルなものですが、ユダヤ教の一分派としてスタートしたキリスト教がユダヤ人の聖書を、当時の世界語であったギリシア語訳があったのを幸いに、その内容を換骨奪胎していった、という問題意識の現われだと思います。

 また、あとがきでは、さらに厳しく、こう書いています。

 聖書の裏街道の歴史は、悲惨の歴史であり、滑稽の歴史である。それを悲惨と形容するのは、そこからキリスト教の反ユダヤ主義が生まれ、それがルターとナチズム経由で現代におよんでいるからである。それを滑稽と形容するのは、最初の数世紀の教会教父たちが生みだした予型論(タイポロジー)などに見られる神学論議などのナンセンスぶりである。それは100パーセント、いやそれ以上にナンセンスであるが、現代のキリスト教側の研究者はだれもそれをナンセンスとは言わない。これもまた現代の滑稽である。

 ルターの"Von den Juden und ihren Lugen"のことを持ち出すと、トンデモ系の人たちが喜びそうなのでナニですし、個人的にも、前にも書きましたがルターは嫌いですし何の興味もないのですが、西洋文明の最悪の部分である反ユダヤ主義がナチスとともにルターを経由してまだ生きているというのは、思い切った言い方だと思います。

 秦先生の論議をまとめると1)七十人訳聖書は、当時の国際都市アレキサンドリアで生活していたユダヤ人たちが、自分たちのライフスタイルの根拠と、それが古い歴史を持っていることの根拠を当時の世界語であるギリシア語でとりあえず創世記、出エジプト記を訳すことで示そうとした2)その翻訳作業は個人の手によるもので、稚拙な部分が多く『アリステアスの手紙』のような伝説など入りこむ余地はないほどのものだった3)その後、いわゆるモーセ五書の残りの部分の翻訳が複数の手によって行われたが、他の旧約聖書の文書に関しては、翻訳が終わるのはなぜか100年以上もかかっている4)キリスト教徒たちは最初、ユダヤ教の一分派で、やがてその共同体から追放されたが、ギリシア語圏への布教とともに、旧約聖書はこの70人訳を用いて「イエスはキリスト(救世主)」であることを証明しようとした5)ローマ相手の二度にわたる無謀な戦争で敗れたユダヤ人側は、それを妬み、キリスト教徒たちが使っている旧約聖書のギリシア語訳はでたらめだと主張するために、メチャクチャな逐語的アキュラ訳などを生みだして対抗したーみたいな感じでしょうかね。

 いろいろ勉強なさっている方には当たり前のことが書かれているかもしれませんが、それでも、整理されて書かれているのはありがたい。

 また、70人訳の確定版であるゲッチンゲン版は歴史書として分類されているものなどを中心にまだ刊行されていないものが多数あり、刊行に携わっているウィーバーズ博士も「若い世代が育っていない」ことを嘆いているというのは知りませんでした(古い写本ばかりですし、最重要のヴァチカン写本でも創世記の9割が失われているので、確定作業は大変なんすよ、P.278)。だから、70人訳の英語訳もゲッチンゲン版+それより古いラールフス版を使って進められているそうです。

 秦先生は20世紀は死海写本の時代だったが、21世紀は70人訳の時代になる、と書いていました。個人的には「それほどインパクトのある成果は出ないんじゃないのかな」とは思いますが、空白部分が埋められていくことは貴重だと思いますので、これからも少しだけ注目していきいたいと思います。

|

« 中本・新宿店の「和風黒北極」 | Main | 「前島」の富士宮やきそばとしぐれ焼き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/44871930

Listed below are links to weblogs that reference 『乗っ取られた聖書』:

« 中本・新宿店の「和風黒北極」 | Main | 「前島」の富士宮やきそばとしぐれ焼き »