« 『宮本常一の写真に読む失われた昭和』 | Main | 『反ユダヤ主義を美術で読む』 »

April 24, 2009

「万茶ン」のコーヒーとアップルパイ

Mancha1

「土手の珈琲屋 万茶ン」 弘前市土手町36-6かくみ小路 0172-35-4663

 今年は太宰治が生まれて100年。

 青森、とはいっても津軽地方ですが『津軽』の朗読会なども行われていましたが、前回の津軽行の時に、入れなかった喫茶店「万茶ン」でコーヒーをいただきました。

 なにせ、この「万茶ン」、不定期休なんですよ。

 でも、一応、太宰ファンなので、一度ぐらいは行ってみたかった。

 最近、旧弘前高等学校のアルバムから見つかった太宰治の写真が話題になりましたが、こんな格好でコーヒーを飲んでいたんでしょうか。

 もっとも《太宰治は入学後に髪を伸ばしており、出身の旧制青森中学(現・県立青森高校)が優等生に与えたバッジを左胸に付けていることから、受験前に撮影した証明写真と判明》したそうですが。

 「万茶ン」の徽章も旧弘前高等学校の徽章をアレンジしたものとのこと。

Dazai_osamu_hirosaki_koukou

 昭和4年創業、東北で一番古い喫茶店で日本全体でも4番目の古さということですが、お店の中は意外と広いです。

 そして明るい。

 いただいたのはコーヒーとアップルパイ。

 いろんな方が書いていますが、苦みを利かせたコーヒーでした。

 まあ、訪問しただけですが、一応、満足。

|

« 『宮本常一の写真に読む失われた昭和』 | Main | 『反ユダヤ主義を美術で読む』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/44772205

Listed below are links to weblogs that reference 「万茶ン」のコーヒーとアップルパイ:

« 『宮本常一の写真に読む失われた昭和』 | Main | 『反ユダヤ主義を美術で読む』 »