« 『歴史としての現代日本』 | Main | 新宿・高島屋地下の大田原牛イートイン »

March 27, 2009

亀戸中本でWBCを

Nakamoto_kameido_hiyami

「中本・亀戸店」 江東区亀戸5-32-2シャトーマルカ1階 3682-0024

 先日、近くに行く機会がありましたので、中本・亀戸店を訪問しました。

 亀戸駅を出て、線路沿いの細い道を歩き、亀戸餃子に入る小径を過ぎて、さらにラブホなども横目に見ながら2~3分歩くとノボリと看板が見えてきます。

 なんと申しましょうか、郊外のお店みたいな感じ。

 窓から日が差し、光がまわっています。

 中本の店内といいますと、ちょっと暗めなところが多いので、キッチンのステンレスが光っているお店は新鮮でした。

 頼んだのは冷やし味噌ラーメン。

 お店の個性を知るための個人的リファレンスです。

 で、いただくと北極寄りのヒヤミといいましょうか、コクよりも辛さを追求している味。

 個性があってなかなかよかったです。

Nakamoto_kameido_wbc
 当日はWBCの決勝の日でサラリーマンたちがワンセグで見物している姿があちこちで見られました。

 ぼくももちろん日本代表(サムライJapanというのはちょっと恥ずかしく感じるんですが…)を応援していましたが、韓国戦みたいな行き詰まる試合をライブで見るのは苦手。

 さくまあきらさんが書いていましたが、韓国チームって中日ドラゴンズっぽいので、日韓戦って「中日×中日」みたいな試合展開になるので、息がつまります。

 ミスした方が負け、みたいな。

 だから、勝つとは思ったけど、夜のスポーツニュースでじっくり見ました。

 それにしても岩隈はいいピッチングしましたよね。あれだけ安定感あるのは大したもん。野手では内川がいいところで打ったな、という印象です(WBCの先発メンバーの野手って、意外とドラフト1位って少ない)。

 韓国はいいピッチャーを揃えていましたし、3番はWBC全体でもベストヒッターだと思いましたが、4番と5番が動けなさそうだったのと、勝った後にマウンドに旗を立てるという幼い行為で日本人選手を怒らせたのがまずかった。

 昔、近鉄の加藤というピッチャーが日本シリーズで3連勝した後のヒーローインタビューで「巨人はロッテより弱い」みたいなことを話して、その後、ジャイアンツの選手に奮起されて4連敗したことを思い出しました。野球の場合、日本人選手は韓国相手では、いまひとつ向かっていく気持ちになれないと思うのですが、あの旗立ては幼い感情表現でしたよね…。岩村じゃありませんが「二度とあんな風景は見たくない」という気持ちに日本人選手をさせたと思います。で、その後は2連勝。これからも、ある程度の実力差はあるだけに、なかなか韓国は日本に勝てなくなるんじゃないかと思います。

 それにしても韓国も含めて「野球」がベースボールに勝ったような大会でした。

|

« 『歴史としての現代日本』 | Main | 新宿・高島屋地下の大田原牛イートイン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/44480036

Listed below are links to weblogs that reference 亀戸中本でWBCを:

« 『歴史としての現代日本』 | Main | 新宿・高島屋地下の大田原牛イートイン »