« 『資本論』第1巻23章 | Main | 『電車の運転』 »

March 16, 2009

「とんかつ万平」のメンチカツ定食

Manpei_menchi1

「とんかつ万平」 千代田区神田須田町1-11  3251-4996

 全メニュー制覇も折り返し点を過ぎたといいますか、残りはカツ系とサラダが中心となってきました。

 この日はメンチカツをオーダー。

 メンチカツは洋食屋さんの中でも花形メニューのひとつですよね。

 で、大きさを競ったりしているんですが、なんと万平は一口サイズ。

 渋い…。

 食べやすさ、火の通りの均一性などを考えたのでしょうか。

 中を開いてみると、ご覧の通りのジューシーさ。

 個人的にメンチカツは、付け合わせのキャベツの千切りを、なるべく残しておくのがおいしくいただくコツだと思っています。

Manpei_menchi2

 あふれ出た肉汁が最高のドレッシングとなるから、それを最後にご飯に乗っけていただくのが大好きなんすよ!

 にしても、万平は本当に幸せになれるところです。
 
 あ、こちらも最多価格帯メニューの1600円です。

|

« 『資本論』第1巻23章 | Main | 『電車の運転』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/44369066

Listed below are links to weblogs that reference 「とんかつ万平」のメンチカツ定食:

« 『資本論』第1巻23章 | Main | 『電車の運転』 »