« 亀戸中本でWBCを | Main | 『政権交代論』 »

March 28, 2009

新宿・高島屋地下の大田原牛イートイン

Otawara_humberg

 なんか忙しさがフト、収まったようなような日が年度末にあったので急に肉が喰いたくなり、尊敬するさくまあきらさんが日記に書いてた新宿・高島屋地下の期間限定の大田原牛のイートインへ(3月末まで)。

 大田原牛といえば、ついこの間まで、都内では五反田の「カサローエモ」でしか出していなかったんですけど、このイートインはブランド牛の生みの親である大黒屋総本家が展開しようとしているらしいステーキハウスのプロモーションだったみたい。

 この大田原牛に関しては「単なるイチ法人が勝手につくりあげたブランドであり、超高額設定とわけわからない脂の融点の低さへの意味づけ、BMS(サシの入り具合)といういい加減な基準による恣意的な差別化作戦を展開しているだけ」などという批判はあります。

 しかし、ぼく個人は独自分野をブランディングしようとしているマーケティング戦略はおもしろいと思っていましたし、それが美味しいのならアリだと判断したい。

 ということで行ってみましたよ。

 最初にガッカリしたのが、このイートインは麻布十番にも「牛超」という名前で店出しているんですね…。

Otawara_curry

 ちょっとガッカリしましたが、ハンバーグ(\2,800)とカレー(\1,300)を頼みました。

 ハンバーグは「生肉ハンバーグ」を銘打っていて、とにかく柔らかい。

 タルタルステーキみたいな感じだけど、ガーリックソースで焼いている味はなかなかお上品。

 カレーは熱すぎる…。

 舌をヤケドしちゃいましたよ…。

 まあまあかな…。

|

« 亀戸中本でWBCを | Main | 『政権交代論』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/44495315

Listed below are links to weblogs that reference 新宿・高島屋地下の大田原牛イートイン:

» 高島屋 のこと [高島屋]
今日は最近の個人的に話題の高島屋について語ります。私の周りでは高島屋について話す... [Read More]

Tracked on April 03, 2009 at 06:21 PM

« 亀戸中本でWBCを | Main | 『政権交代論』 »