« 『三島由紀夫文学論集III』 | Main | 「とんかつ万平」のハンバーグ定食 »

February 04, 2009

「松六家」の鯛茶漬け

Matsuroku_taichazuke

「松六家」 港区六本木4-10-2 3796-3369

 長らく海鮮丼と親子丼だけでランチ営業を続けていましたが、さすがに持たなくなってきたのか、新しいメニューが加わりました。

 それが「鯛茶漬け」。

 鯛の切り身は醤油で洗ったものと胡麻漬けの味の二種類を楽しめます。

 まずは醤油で洗った切り身を刺身のようにしていただきます。

 次に出汁をかけてハフハフといただく。

 これにぶっかけの蕎麦がつきます。

 六本木のビジネスランチとしては、個室も使えて1500円というのは安いんじゃないでしょうかね(写真の向こうに見えているのはご一緒した方の板蕎麦です)。

|

« 『三島由紀夫文学論集III』 | Main | 「とんかつ万平」のハンバーグ定食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/43958157

Listed below are links to weblogs that reference 「松六家」の鯛茶漬け:

« 『三島由紀夫文学論集III』 | Main | 「とんかつ万平」のハンバーグ定食 »