« 絶滅食堂2軒目「来福亭」 | Main | 歌右衛門本二冊 »

February 13, 2009

サッカー協会の強化担当に原博実氏が就任へ!

Hara_hiromi

 日本サッカー協会の仕事で久々にGood Jobという人事がありました。

 それは元日本代表FWで前FC東京監督の原博実さんが強化担当の委員長に就任すること。技術委員会を技術本部に格上げし、委員長を強化担当、育成担当の2人体制にするもので、本部長が大仁邦弥副会長というのは屋上屋を重ねるという感じもしますが、この人事は煮詰まっていたサッカー日本代表の強化に新たな風を送り込むような気がします。

 個人的な話ですが、現役を離れてのハラさんを最初に注目したのは2000年にレバノンで行われたAFCアジアカップの解説。この時はNHKサッカー解説として、ほとんど一人で日本代表の試合を解説していたのですが、柳沢が決勝で途中交代で入ったのに、パスを誰もいない方向にスルーするなど消極的なプレーをみせたため、わずか7分で奥大介に交代させられた時も「当然ですよ」と語っていたあたり。

 今のサッカー解説は見てりゃわかるような無難なことしかいない人が大部分で、後はヤケ気味の辛口派のどちらかですが、ハラさんは、サッカーファンの気持ちと響き合うというか、業界の中でつるんでるような発言をしないところが良かったんです。

 ハラさんの担当する強化部門はフル代表、五輪代表、U―20代表の戦術分析のほか、代表とJクラブとの連携、国内外の視察・選手派遣調整などを担うそうですが、海外にもJのクラブにも友人・知人の多いハラさんにはピッタリだと思います。

 特に長い間の課題と言われたFWの問題に関して、例えばカターニャで活躍する森本を中心にすえたらどうかとか、思い切った手を打ってくれそうな気がします。日本代表監督の人事も当然、強化担当の仕事になると思いますので、思いつきや場当たり的な決定ではなく、ハラさんにじっくり決めてもらいたいと思います。

サッカー協会、技術委員長2人制に…強化担当に原氏が就任

 日本サッカー協会は12日に開いた理事会で、技術委員会を再編し、委員長を強化担当、育成担当の2人体制にすることを決めた。
Click here to find out more!

 現在の小野剛委員長が育成担当となり、新たに浦和、F東京の監督などを務めた元日本代表FWの原博実氏(50)が強化担当の委員長に就任する。両委員長を統括する技術本部長も新設し、大仁邦弥副会長が兼務する。任期は未定。

 技術委員会の再編は、昨年7月の犬飼基昭会長の就任時からの懸案。代表の強化には育成部門の充実が必要との考えから、2部門に分けて役割を特化させようと、検討を重ねていた。強化担当はフル代表、五輪代表、U―20(20歳以下)代表の戦術分析のほか、代表とJクラブとの連携、国内外の視察・選手派遣調整などを担う。

 育成担当は、代表チームの課題を強化担当などと共有し、将来の代表選手育成に務めるほか、トレセンなど育成システムの運営、指導者の養成などを行う。

 日本代表監督の人事は、これまで技術委員長が推薦、常務理事会を経て理事会で決定してきたが、今回の再編では強化、育成のどちらが担当するか、または新たな組織を発足させるかなどは未定で、今後検討する。
(2009年2月12日21時43分 読売新聞)

|

« 絶滅食堂2軒目「来福亭」 | Main | 歌右衛門本二冊 »

W杯」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/44047059

Listed below are links to weblogs that reference サッカー協会の強化担当に原博実氏が就任へ!:

» サッカー 動画 [芸能ニュース、恐縮です!]
サッカー用品っておしゃれだよね長男ちゃん(小学2年生)は、野球も大好きですが、サッカーも大好きです。 野球はmyuが全然わからないのですが、サッカーはサッカー選手がかっこいいので、よく見ます♪それにユニフォームやサッカーボールなどもとってもおしゃれ。 ...(続きを読む) マリーシア/戸塚啓読後の私に浮かんだ考えなのですが、今の日本サッカーというのは「モノを投げ込まれても、コースを外れても、アクセルを踏みっ放しにしているゴールのないレース」ではないでしょうか。 Jのために来日したブラジル人などが驚... [Read More]

Tracked on February 13, 2009 at 10:31 PM

« 絶滅食堂2軒目「来福亭」 | Main | 歌右衛門本二冊 »