« 「すし処 めくみ」再訪 | Main | 『思い出す事など』 »

February 18, 2009

目黒と御徒町の中本

Nakamoto_meguro_hiyashi_miso_ranmen

 目黒店の月替わりとイベント、行ってきました。

 2月の1ヵ月間、提供される通常の月替わりは「冷やし味噌卵麺(900円)」。

 そして10日~20日の14時~22時という限定付のイベントメニューが「北極の超(900円)」。

 冷やし味噌卵麺は、なんつうか月替わり常連みたいなメニューですね。

 いつもは、もう少し温かくなってから提供されることが多かったと思いますが、ひとことでいって、さわやかなイメージ。

 今回はお腹いっぱいだったので野菜大盛りにしませんでしたが、味噌卵麺は一味と炒めたモヤシが美味しいと思うんですよね。

 次にいただいたのがイベント扱いの「北極の超」。

 人気ありますね!

Nakamoto_meguro_hokkyoku_chou

 2時過ぎに行くと「イベント一丁大盛りで」「イベント一丁麺固め」というオーダーを確認する声が連チャンで響きます。

 ぼくは個人的に「北極」そのものがあまり好きではなく、通常メニューでいくと、冷やし味噌が8割、味噌卵麺が2割ぐらいで喰っているんですが、まあ、せっかくですから「超」をいきました。

 どうも、個人的には旨味というかコクが感じられないんですよ。

 逆にヒヤミと卵麺は美味しいし、味にコクがあると思います。

 ということで期待値低めで向かったのですが、今回も「まあ、こんな感じかな」ということで終わってしまいました(北極好きの方、申し訳ありません…)。

 こういうこともあろうかとサイドメニューで頼んでおいて冷やし味噌スープで「あつもり」風にいただきました。

 2月には御徒町店にも足を伸ばしました。

Nakamoto_okachimachi_hiyami

 駅のガード下にあるラーメン横町みたいなスペースでしたが、一番人気でしたね。

 行列が長かった。

 当日は土曜日でしたが、スタッフ3人で切り盛りしているのでオペレーションはやや遅い感じでしたが、鍋を振るうのが名手・近藤店長でしたので、ワクワクしながら待ってました。

 頼んだのは冷やし味噌の油少なめ。

 タマゴを北極卵にして少し売上に貢献したんですが、ドンピシャのが出てきました。

 麺もデフォルトで固めなんでしょうか。

 モヤシも固めでナヨナヨしてない。

 立派な個性を発揮しているヒヤミでした。

 個人的には新宿店の林主任のつくるヒヤミ並に好きです。

 近藤店長はなかなかのつくり手なので、これからも楽しみですね。

|

« 「すし処 めくみ」再訪 | Main | 『思い出す事など』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

行かれましたか、北極の超はまあもう一度、というほどではなかったですが話のタネにはなりました(笑)でも私の時はその日の最後の超だったからではないでしょうが、写真とは違いもやしは少なく白髪ネギも時間が経って「疲れた」ような感じでそれはちょっと残念でしたね。

目黒の味噌卵麺はかなり好きです。冷やしは今回初めて食べましたがいいですね。定番メニューに昇格させてもいいんじゃないかなと。目黒の味噌卵麺、野菜大盛にしたらすごい高さじゃないですか?周りの客に驚きと好奇の目で見られた記憶があります・・・。

Posted by: THOMAS | February 18, 2009 at 06:12 PM

目黒の味噌卵麺は小生も大好きです!時々、モヤシの具合が最高になる時もあるし。
で、野菜大盛りにすると、次郎の野菜マシマシぐらいになる感じもあって、そこがまた、いいかな、とw

Posted by: pata | February 18, 2009 at 11:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/44102406

Listed below are links to weblogs that reference 目黒と御徒町の中本:

« 「すし処 めくみ」再訪 | Main | 『思い出す事など』 »