« 『臨床瑣談』の連載 | Main | 『ロードバイクバイブル』 »

November 25, 2008

「梅乃家」の大チャーシューメン

Umenoya

「梅乃家」 千葉県富津市竹岡401 0439-67-0920

 竹岡式ラーメンの本家本元「梅乃家」に行ってきました。
 
 ちょっと自転車を久里浜まで飛ばしてして、そこから東京湾フェリーで千葉・金谷へ。金谷から海沿いの「内房なぎさライン」を走って、というルート。いやー、それにしても「内房なぎさライン」はいいです。次また走りにいこうと思いました。多摩川10回行くんなら、ここ3回走りたい。

 ということで12:30頃到着してみると並んでます。

 30分並んで、中でも結構またされる。

 実はあまり期待していなかったんです。インターネットとかで「しょせんはチャーシューの煮汁をお湯で割っただけでダシが効いてない」とか書いてる人多かったから。

 でも、注文したのは「大チャーシューメン」。そう、「人生は一期一会、あると思うな明日の大盛」がモットーでして…。

 で、来たですよ。

 ビジュアル的にはやくみ(玉ネギのザク切り)が鮮烈です。

 で、期待値低めでスープを一口。

 美味い!

 たんにチャーシューの煮汁をお湯で割っただけなのに!まあ、チャーシュー煮る時にはニンニク、ショーガとかいっぱい入っているだろうし、それ以上の旨味ってあまりないですもんね。

 チャーシューもゴロゴロ入っています。

 ということで大満足の800円でした。

|

« 『臨床瑣談』の連載 | Main | 『ロードバイクバイブル』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/43220599

Listed below are links to weblogs that reference 「梅乃家」の大チャーシューメン:

« 『臨床瑣談』の連載 | Main | 『ロードバイクバイブル』 »