« ドーハの圧勝 | Main | 『臨床瑣談』の連載 »

November 21, 2008

更科堀井の「あられそば」

Sarashina_horii_arare_soba1

「総本家 更科堀井 本店」港区元麻布3-11-4 3403-3401

 今年も寒くなってきたので温かいお蕎麦をいただきに「更科堀井」に。

 ちょっと高いけど、「あられそば」を注文(なにせ普通で2100円、大盛りだと2310円)。

 「あられそば」の工夫は青柳の小柱を四角い海苔の上に沈まないように乗せること。

 江戸時代、貝柱は“あられ”と呼ばれていたらしい。

 「あられそば」には必ずわさびが添えられるのがきまり。

 これは酒の肴にある「柱わさび」(小柱のわさび添え)と同じですな。

 小柱にはわさびが合います。

Sarashina_horii_arare_soba2

 海苔が散って磯の香りが広がっていく香りのグラデーションもたまりません。

 みつばもキッチリ脇をかためています。

|

« ドーハの圧勝 | Main | 『臨床瑣談』の連載 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/43179807

Listed below are links to weblogs that reference 更科堀井の「あられそば」:

« ドーハの圧勝 | Main | 『臨床瑣談』の連載 »