« 『臨床瑣談』 | Main | 『男の作法』 »

October 21, 2008

「しみづ」の戻り鰹

Shimizu_modori_katsuo

「鮨処しみづ」 港区新橋2-15-13 3591-5763

 いつも「しみづ」には六本木から30分かけて歩いて行っています。

 お腹空かして、つけ台に向かい合いたいですからね。

 この日、塩辛は二種類。珍しいごく普通のイカの塩辛とコノワタ。

 「なんでコノワタってこんなに香りがいいんだろ」と聞くとはなしに話しかけると「モノによるんですよ」とのこと。

 江戸前はそういった部分の見極めを含めた技術の体系なんだろうなと思います。

 戻り鰹の藁焼もよかった。

 香りが鼻腔をくすぐります。

 それを辛子醤油でいだきました。

Shimizu_himokyu

 ひもきゅうのおつまみもよかった。もちろん閖上(ゆりあげ)。

 マグロがよさそうだったので大トロ、中トロ、赤身の入った太巻きも巻いてもらいましたが、巻いているのを見ているだけであまりにも旨そうだったので写真をとるのも忘れたほど(今年、いただいたマグロでは最高でしたね)。

|

« 『臨床瑣談』 | Main | 『男の作法』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/42860204

Listed below are links to weblogs that reference 「しみづ」の戻り鰹:

« 『臨床瑣談』 | Main | 『男の作法』 »