« 「雲樓」の五目肉焼きそば、再び | Main | 中川の「寿司懐石セット」 »

September 28, 2008

『うつうつひでお日記 その後』

Utsu_utsu_hideo_liblary

『うつうつひでお日記 その後』吾妻ひでお、角川グループパブリッシング

 前の『うつうつひでお日記』が『失踪日記』を描いていた04/7-05/2の絵日記というか漫画日記だったのに対し、今回の『その後』は公式サイトの日記まとめたテキスト中心の本。

 前作と比べ、著しく創作意欲が減退しているのが気にかかります。傑作『失踪日記』は10年かけて描いたそうですから、仕方ないのかも。

 ただ、タバコの吸い過ぎか、咳が止まらないという記述が多く、心配。

 読書とテレビと散歩の日々は、やはり時代を反映していると思う。

 以下、いいなと思うところの引用です。

 07/7/21 仕事する気力なし。桐野夏生『メタボラ』読了○。重くて救いのない話だが、なんとなくさわやか。『真夜中のカウボーイ』思い出した。

 07/11/3 8chの『SP』見る○。感傷的なドラマの多い中、久々に良い作品。脚本の金城一紀、小説は好きで読んでいたが、期待通り。岡田准一もかっこいいね。

 0712/18 ジェシカ・ユー監督『非現実の王国で-ヘンリー・ダーガーの謎』△。ダーガーの生きた生涯は不思議。その作品の全貌をこの映画で知ることはできない。あえてダーガーの暗黒面を避けているのかも。グロテスクな表現の所をもっと見たかった(それだと映画として成立しないからしょうがないけど)。

|

« 「雲樓」の五目肉焼きそば、再び | Main | 中川の「寿司懐石セット」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/42619189

Listed below are links to weblogs that reference 『うつうつひでお日記 その後』:

» 黒人教師ディックス [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
ロサンゼルスのウオルト・ホイットマン高校で歴史を教える黒人教師が、ある時は厳しく、またある時は優しく生徒達に接していくヒューマンドラマ [Read More]

Tracked on September 28, 2008 at 10:25 AM

« 「雲樓」の五目肉焼きそば、再び | Main | 中川の「寿司懐石セット」 »