« 御蔵の「清滝膳」 | Main | Jaquesson Cuvee #732 »

September 16, 2008

中本の「蒙古卵麺」と「冷やし味噌卵麺」

Nakamoto_shinjuku_0809_mouko_ranmen

 毎月フォローしている中本新宿店と目黒店の月替りですが、今月は卵麺対決となりました。

 通常メニューの温かいメニューの中では個人的に一番コクと辛さのバランスがとれていると感じているのが味噌卵麺。

 これは極辛の味噌スープをベースに辛し肉とモヤシを唐辛子で炒めたものを加え、ネギとスライスしたゆで卵がトッピングしたもの。

 注文を受けてからスープ作りにとりかかる調理モノであるため、辛さは時に北極ラーメン並になることもあるのですが、どこかさわやかなコクが残るんですよね。

 ということでカスタマイズのベースになりやすいんでしょうか。

 新宿店の「蒙古卵麺」はネギ、モヤシ、辛し肉、麻婆豆腐、ゆで卵が載ったにぎやかなメニュー。

 味噌卵麺も含めて玉子の飾り付けが重要ですが、この日のはまあまあでしょうか。

 見た目のインパクトはあります。

 お約束のヒヤミスープも付けました。

Nakamoto_meguro_hiyashi_misoranmen

 目黒店の「冷やし味噌卵麺」は何回目かの登場メニュー。

 味噌卵麺の美味しさは辛し肉とモヤシの炒めであることを再確認しました。

 もちろんヒヤミスープ付き。

 つか、もはや「辛しモヤシ」状態となったモヤシを、ヒヤミスープにくぐらせていただくと、とてつもなく美味くなるんですよ。

 ヒヤミスープは本当に使えるサイドメニューです。

 美味さも辛さも一段と冴えます。

 北極卵も、ヒヤミスープに落としていただくと絶妙なんですよねぇ。

Nakamoto_tamago

|

« 御蔵の「清滝膳」 | Main | Jaquesson Cuvee #732 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

今月の両店の月変わりは以前にもあったもので目新しさはなかったのが残念でした。新宿は数日前に行ったのですが、北極ラーメンのスープが薄くがっかり。色は濃いのですがコクが全くなくて油の味しかしないような酷い出来でした。ばらつきが多いので有名な新宿ですが、北極や冷やし味噌ではこんなことは初めてでした。そういう意味では目黒や吉祥寺の安定感が際立ちます。

目黒は23日限定の黒五目味噌タンメンと10月の黒味噌卵麺を楽しみにしています。そういえば旧冷やし醤油+ヒヤミスープは試しましたよ。生姜と胡椒が利いていてなかなかおいしかったです。

Posted by: THOMAS | September 16, 2008 at 11:47 PM

THOMASさん、どーも。北極はほとんど食べないので知らないのですが、個人的にはヒヤミは新宿が相変わらず好きですw

4周年は23日なんですよねぇ…なんで、平日にやってくれないのか、と…

Posted by: pata | September 17, 2008 at 08:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/42495387

Listed below are links to weblogs that reference 中本の「蒙古卵麺」と「冷やし味噌卵麺」:

« 御蔵の「清滝膳」 | Main | Jaquesson Cuvee #732 »