« ハイデガー『ニーチェ』#14 | Main | 『「昭和」を点検する』 »

August 13, 2008

中本の「五目蓋飯」と「冷やし醤油」

Nakamoto_shinjuku_gomoku_gaihan

 8月の中本の月替わりは新宿店が「五目蓋飯」(ごもくがいはん)、目黒店が「冷やし醤油」と「ヒヤミ丼」でした。

 新宿店のは全く新しいオリジナルメニュー。

 「五目蓋飯、麺付き」(ごもくがいはん)は和風が丼、中華がつけ麺という感じなんでしょうか。

 丼の野菜がシャキシャキでよかったです。

 ニンジン、ピーマン、タケノコとか。

 彩りもそれなりに鮮やか。

 つけ麺のスープは五目味噌をベースに酢をプラスしたもの。

 中本のスープは酢を入れると甘みが増すのですが、そうした酸っぱいスープもこの季節なら美味しくいただける感じ。

 さらに北極卵がトッピングされてきます。

 なんか合わせ技で一本、みたいな月替わりでした。

Nakamoto_meguro_hiyashi_shoyu0808

 目黒店は7月に引き続き「ヒヤミ丼」と人気の「冷やし醤油」。

 「冷やし醤油」は中本の辛くないメニューの中では最高に旨いと思っています。

 といいますか、全てのつけ麺というジャンルの中でも個人的には上位にくる感じ。

 辛くはなくても生姜がビリッときいていてパンチは残っています。

 「冷やし醤油」は定番化されることを望みます。

|

« ハイデガー『ニーチェ』#14 | Main | 『「昭和」を点検する』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/42155533

Listed below are links to weblogs that reference 中本の「五目蓋飯」と「冷やし醤油」:

« ハイデガー『ニーチェ』#14 | Main | 『「昭和」を点検する』 »