« ShiNaChiKu亭の「冷やし担々麺」 | Main | 中本の「五目蓋飯」と「冷やし醤油」 »

August 11, 2008

ハイデガー『ニーチェ』#14

 プラトンにとって、μιμησιs(ミメーシス、模倣)は従属的地位にあります。特に画家などの仕事はιδεα(イデア)がειδοs(エイドス)に移される際の第三の生産となるわけです。

 この後、ハイデガーは短く『国家』をサマライズを行いますが、プラトンで問題なのは彼が『国家』598Bで芸術は真実から遠く離れたところにある、とまで断言することだ、と。

 ハイデガーは、プラントが画家など芸術家のつくるものは何かについて、以下のように考えている、と精緻にまとめます。

 

それが制作するものはιδεα(φυτοs)としてのειδοsではなく、τουτο ειδωλοωである。これは純粋な観(エイドス)の映りにずきない。ειδωλοωは小さなειδοsの意味であるが、それは規模の上のみならず、顕現のありさまの乏しさも含意している

 ちなみに、このειδωλοωは新約聖書では「偶像」みたいな意味で使われている単語ですが、ハイデガーの「顕現のありさまの乏しさも含意している」という表現は面白いな、と思います。

 それはさておき、プラトンの形而上学にとっては、芸術は真理よりもはるか下位におかれているが、それは真理との間に離間があるという意味ではなく、格差があるということを確認して、「プラトンの《国家》」の章は終わります。

 次のパイドロス論の章は、もう少しサクッといきたいと思います。

|

« ShiNaChiKu亭の「冷やし担々麺」 | Main | 中本の「五目蓋飯」と「冷やし醤油」 »

ハイデガー『ニーチェ』」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/42137976

Listed below are links to weblogs that reference ハイデガー『ニーチェ』#14:

« ShiNaChiKu亭の「冷やし担々麺」 | Main | 中本の「五目蓋飯」と「冷やし醤油」 »