« 『ハイデガー『存在と時間』の構築』 | Main | 『環境問題のウソ』 »

June 01, 2008

Trimbach Gewurztraminer 2005

Trimbach_gewurztraminer_2005

 このところ、ヒートアイランドの夏場はキリリと冷やしたアルザスワインで乗り切っています。

 トリンバック(Trimbach)は安心して飲めるドメーヌといった感じでしょうか。ネゴシアンとして生産し、年間100万本あまりをリリースするという割には、良心的といいますか、個人的にはアルザスの八海山じゃないのか、と思って尊敬しつつ飲んでいます。

 ブドウ品種では、ゲヴュルツトラミネール(Gewurztraminer)が好きですね。

 いい年のワインだと、ライチといいますか、キンモクセイ(金木犀)を思わせる香りが広がるんですよ。

 2005は今年からリリースされたのかな?去年飲んでいた2004より圧倒的にいいです。2003も良かったけど、2005、素晴らしい。

 インターネットで買っても1本2500円前後とそんなに高いワインではありませんので、休日の午後なんかに開けるワインとして常備なさってみては、いかがでしょうか。

 個人的にすごく好きなワインです。

|

« 『ハイデガー『存在と時間』の構築』 | Main | 『環境問題のウソ』 »

WINE」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/41392689

Listed below are links to weblogs that reference Trimbach Gewurztraminer 2005:

« 『ハイデガー『存在と時間』の構築』 | Main | 『環境問題のウソ』 »