« 『新・進化論が変わる』 | Main | 6月大歌舞伎と国立劇場「神霊矢口渡」 »

June 26, 2008

「亀戸餃子」の餃子

Kameido_gyoza1

「亀戸餃子 本店」 東京都江東区亀戸5-3-3 3681-8854

 なんかの用事で亀戸へ行った帰りには駅前の「亀戸餃子」で餃子をたらふくいただきます。

 ここで食べられるものは餃子オンリー。

 年期の入ったパイプ椅子に座ると、すかさず5つ入ったのが黙って出され、飲み物を聞かれます。

 残りひとつぐらいまでになると、さらに自動的に一皿が追加されます。

 とにかく座ったら、必ず二皿は食べなければなりません。

 そうなってから後に、やっと1皿ずつの追加注文が可能になるというハードボイルドなシステム。

 で、飲み物ですがもちろんビール。やっぱり大瓶で。

Kameido_gyoza2

 接写で見ると"焼き"にけっこう油を使っている感じもしますが、一口食べた印象はあっさりしています。

 具は野菜とニンニクが中心。

 けっこうニンニクがきいているんですよねぇ。

 疲れた時なんかいい感じ。

 小皿には洋辛子が付いているので、「ラー油+お酢+醤油」の基本ソースにアクセントもつけられます。

 2皿目を食べ終わる頃、おばちゃんが「もう1枚どうですか」と聞いてくるので、ハフハフ言いながら「おながいします」と3枚目を頼むと、サービスのもやしが出てきます。

 これが口直しにいいんですよね。

 でも、詳しい方によると、このモヤシは比較的空いてるときじゃないとくれないとかw

Kameido_gyoza3

 ということで4皿いきました。ビールと合わせて1550円。
 
 哀愁が漂っていまくっている店内も必見のお店です。

|

« 『新・進化論が変わる』 | Main | 6月大歌舞伎と国立劇場「神霊矢口渡」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/41650783

Listed below are links to weblogs that reference 「亀戸餃子」の餃子:

« 『新・進化論が変わる』 | Main | 6月大歌舞伎と国立劇場「神霊矢口渡」 »