« OlympusのLS-10を購入 | Main | 『文藝春秋』零戦と戦艦大和 »

May 21, 2008

「関内二郎」の汁なし

Kannai_jiro_shirunashi

「ラーメン 二郎 横浜関内店」 横浜市中区長者町6-94

 せっかく横浜に住んでいるので、休日に思い立ったら、関内二郎に並ぶことにしています。

 今の時期は天気もいいので久々に自転車で。近くの自転車さんが20円で貸してくれる機械式の空気入れを使いパンパンに張ったタイヤで走り出すと、ツールかなんかの中継でゴーッと聞えてくる金属音のような音のサワリが聞えてくるのが気持ちいい。

 そのまま関内まで走って着いたのは10時28分。自転車を停めて、喉が渇いたのでお約束の黒烏龍茶を購入してから並びます。本が読めるから待ち時間も気になりません。この時は木田元『ハイデガー拾い読み』をお供としました。

 80頁ぐらい読みすすんだところでシャッターが開きます。初のファーストロットかと思ったら、席は11席で小生は12人目。まあ、こういったところで運の悪さは使っておいた方がいいということで…。

 今日は小豚の汁なし、ニラキムチ、ニンニクヤサイマシ。

 「ニンニン入れますか?」の声をLS-10で録ろうとしたのですが失敗。まあ、店長不在で代理さんだったからいいか…。

 写真はGR D II持って行きました。

 もちろん味は最高です!

 こんな旨いモンは、そう世の中にないと思うぐらいの旨さ。

 次は流行っているというチーズダブルいこうかな…。とにかく関内二郎で喰うことは、それだけで偉大なイベントである、と思い至りました。

 大満足して黒烏龍茶を飲み干して外に出ると、交差点まで届こうかというほどの行列。

 次もファーストロット狙いで少し早めの10時15分ぐらいから並ぼう。

 ということでミヤマ商会と大貫カメラで中古カメラを覗きながら食休み。Pentax LXで3万円台のがあって少し悩んだんですが、パス。自転車でMM21散歩して、カロリーを消費しました。

|

« OlympusのLS-10を購入 | Main | 『文藝春秋』零戦と戦艦大和 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/41274707

Listed below are links to weblogs that reference 「関内二郎」の汁なし:

« OlympusのLS-10を購入 | Main | 『文藝春秋』零戦と戦艦大和 »