« 『反哲学史』 | Main | 『軍需物資から見た戦国合戦』 »

May 15, 2008

中本の「冷やし印度」と「冷やし味噌卵麺」

Nakamoto_shijyku_hiyashi_india

 08年5月度の新宿店と目黒店の限定は、両店とも温かい麺で出してくれているメニューの冷やし版でした。

 新宿店は印度丼(ハッキリいってカレーライスw)に賭けているというか突っ走っているというか、これで行くんだという気構えが感じられます。

 金曜日と日曜日に出してくれる印度ラーメンの中から、北極スープにカレールーを浮かばせた「北印度」という名作も誕生させましたが、今回の「冷やし印度」はスープをさらに辛い冷やし味噌に替えたもの。

 月替わりとしては二回目の登場ですが、オーダー率高いです。

 味もこなれてきました。スープの辛さにあわせてルーも少し調整しているんじゃないでしょうかね。

 このまま麺をいただいても一向にかまわないのではありますが、中本・印度の楽しみはガスで焚かれた堅目のご飯にルーをかけることでさらにパワーアップされます。

Nakamoto_shijyku_curry_don

 レシピ的に書きますと、冷やし麺の上に乗っかっているモヤシをまずいただいてしまいましょう。モヤシ抜きにするという手もありますが、やはり感謝の気持ちを込めて食べたいもんです。

 その後、単品の半ライスの上にヒヤミスープにつかったカレールーをレンゲをつかってどんどん移してしまいます。

 さらに「冷やし印度」最大の欠点ともいうべき、麺にスープがからみすぎて、汁がほとんど残らないという問題を解決するために、あらかじめ頼んでおいた半ヒヤミスープの中から肉をひきあげて、どんどん丼状態にしていきます。

 最後には卵も載せて、ほぼ完成。

 これに半ヒヤミスープを足したスープをさらに注ぎ込んで、中本・極辛印度茶漬けが出来上がる、と。

 もちろん、麺もどんどんいただきますが、楽しみはこの極辛印度茶漬けですな、個人的には。

Nakamoto_meguro_shiyashi_misoranmen

 目黒店の「冷やし味噌卵麺」も二回目か三回目ぐらいの出番。

 今回は、さわやかなイメージをさらに高めるために、ネギを別注。

 大部分はスープに投入するにしても、少し余らせたネギにお酢を入れて、それをスープに麺をいただくという「ネギ酢麺」も楽しめるという工夫です。

 いやー、中本は創造のココロを刺激しますよね。

|

« 『反哲学史』 | Main | 『軍需物資から見た戦国合戦』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

月変わりの冷やしインドラーメンは食べていないのですが、最近は金曜ともなれば北インド目当てで新宿店に行ってしまうくらいです。そして仰る通り、北極スープと一緒にカレーを半ライスにかける北インド丼(?)がかなりおいしい。インド丼でもおいしいでしょうが、あのスープが一緒になるとまた格別ですね。半ライスというのもポイント、普通のライスでは麺と一緒では多過ぎるし、ご飯の盛りがいいのでカレーがかけにくいんですよね(笑)

KIND式は先月の月変わり、冷やし蒙古で試したのですが、やっぱり冷やしですとどうしても後半スープがぬるくなって味が落ちてしまうのが難点です。KIND式自体はなかなか良かったんですけどね。

Posted by: THOMAS★ブラザー | May 15, 2008 at 10:12 PM

いつもコメントありがとうございます!北印度も冷やし印度も、やっぱりご飯といただくと美味しいですよねぇ

Posted by: pata | May 15, 2008 at 10:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/41214014

Listed below are links to weblogs that reference 中本の「冷やし印度」と「冷やし味噌卵麺」:

« 『反哲学史』 | Main | 『軍需物資から見た戦国合戦』 »