« 『古代から来た未来人 折口信夫』 | Main | 「関内二郎」の汁なし »

May 20, 2008

OlympusのLS-10を購入

Olympus_ls10

 昔、Sonyの「カセットデンスケ」に憧れていました。

 デンスケというのはポータブル録音機。最初はスイス製のNAGRAのようなオープンリールが主流でしたが、メディアをカセットテープにしてハイアマチュア向けに発売したのがソニーの「カセットデンスケ」。その初代機がTC-2850SD。これにパラボラ集音器(SONY PBR-330)をつけた無指向性マイクをつけて、野外で自然の音を録ってみたい…と。

 今はなき雑誌『FM FAN』に掲載されていた広告で、フラミンゴの大群を前に、パラボラ集音器を両手にかざして生録している写真がありまして、随分高いものでしたが子供心に憧れたものでした。

 そんな生録の夢は一度、DATの時に呼び覚まされたのですが、なんかテープというメディアが…と思っているうちに規格自体が萎んでいってしまいました。そのDATの次に来たのがリニアPCMレコーダー。

 これなら持ち運べるというか、わずか100g程度の重さですし、それなのに高性能マイクは内蔵されているは、サンプリングレートは96kHzまで対応しているというのでコーフンしてしまいました(まあ、実際は44.1k/16bitぐらいでしか録らないでしょうが)。

 ということで、さっそくサーチしたところ、第一候補にあがったのがOlympusのLS-10。次はサンヨーのICR-PS1000M。ローランドのR-09HRとソニーのPCM-D50は大きいかな、と(Sony PCM-D1はさすがに高いし)。

 ということでしばし悩んで、オリンパスのLS-10にしました。メディアは余っているSDカードは使えるし、内蔵マイクも程度が良さそうだし、ノイズも少なそうだし軽量。バランスが取れている感じがします。

 ということで、さっそく、いろいろ録っているんですが、飲み屋さんで常連の方が弾いているアコースティックギターの音を拾ったら、けっこう良いんでビックリしています(44.1k/16bit)。

「LS100004.WAV」をダウンロード

「LS100015.WAV」をダウンロード

「LS100018.WAV」をダウンロード

「LS100019.WAV」をダウンロード

|

« 『古代から来た未来人 折口信夫』 | Main | 「関内二郎」の汁なし »

音楽」カテゴリの記事

Comments

これよいですね。
三味線のお稽古に欲しいです。

Posted by: しまじろう | May 20, 2008 at 11:45 PM

しまじろうさん
これはヤバイです
なるべく弦に近づけて、ピークが鳴っても気にせず、ぐらいな感じで録ると、素晴らしい生な音が録れます。ぜひ!

Posted by: pata | May 21, 2008 at 12:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/41267742

Listed below are links to weblogs that reference OlympusのLS-10を購入:

« 『古代から来た未来人 折口信夫』 | Main | 「関内二郎」の汁なし »