« 東山魁夷の『濤声』 | Main | 『イエス最後の一週間 マルコ福音書による受難物語』 »

April 21, 2008

「清風楼」のシューマイ

Seifuro_1

「清風楼」 横浜市中区山下町190 045-681-2901

 中華街もあまり探訪していないのですが、土曜日は蕎麦屋で憩うにしても、日曜日はやっていませんてので、再び探訪を開始しようかと思っていた矢先、友人から紹介されたのが「清風楼」。

 昭和20年の創業というのですから中華街でも老舗の部類に入るんでしょう。

 名物は焼売。なんでも焼売に貝柱を入れたのはここが初めてとか。1人前というか4個入ったお皿は420円です。

 店内で食べる人も多いのですが、人気なのはテイクアウト。こちらは12個入り1313円から40個入り4305円まで取り揃えられています。

 日曜日の夕方5時半に行った時には、ぼくの注文を最後に店内、テイクアウトともに売り切れとなりました。らっき。

 アツアツをいただくと、まずその固さがいいです。ギッシリ中身が詰まってる感じ。海員閣の焼売を思い出しましたが、昔ながら焼売ってこんな感じなんでしょうかね。今のはソフトすぎますよね。
 
Seifuro_2

 「清風楼」のプロは焼売とビールだけですませて、メインは他で食べる方も多いらしいんですが、最初に行った店でそれは失礼と頼んだのがチャーハン。ここでは焼飯と表示され、並、上、特上と取り揃えられています。

 グレードの高い炒飯は量も多いといいますが、並でも普通の人なら十分すぎるぐらいの735円。ここでは丼に入れられて供せられます。昔ながらの懐かしい味ながら、パラパラ度はさすが。

 ビールを飲んで、名物の焼売をいただいて、炒飯でお腹いっぱいになって2000円いかないのは有り難い限り。

|

« 東山魁夷の『濤声』 | Main | 『イエス最後の一週間 マルコ福音書による受難物語』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/40950591

Listed below are links to weblogs that reference 「清風楼」のシューマイ:

« 東山魁夷の『濤声』 | Main | 『イエス最後の一週間 マルコ福音書による受難物語』 »