« 中本の「蒙古卵麺」と「チャンプ勇」 | Main | 『旧約聖書の誕生』 »

February 03, 2008

「こづち」の肉入り焼きそば

Kozuchi_nikuiri_yakisoba

「こづち」 東京都渋谷区恵比寿1-7-6 3444-3763

 様々なソウルフードはありますが、個人的にはどれかひとつを選べ、といわれたら「こづち」の焼肉定食になると思います。ソウルフードというか、お世話になったメシといいますか。

 高校生ぐらいから通ってますが、当時は一番安かった日替わりの定食ぐらいしか喰えませんでした。

 やや自由になるおカネが増えてきて、周りの大人たちがワシワシ喰っている焼肉定食を注文出来たときの嬉しさ、そして思った通りのドンピシャの味に心の中で思いっきりガッツポーズをつくったことを思い出します。

 ということで、「こづち」というと定食なのですが、長年、通い詰めますと、さすがにバリエーションが欲しくなるときもあります。

 そうした客のために「こづち」側も様々なアラカルトを用意してくれていますが、そうしたアラカルトに必ず添えることにしているのがハムエッグ。

 ハムエッグに使われているハムは、周囲が赤い昔ながらのハム。それを敷いて目玉焼きをつくるのですが、だいたい黄身は半熟感があります。それが千切りキャベツと忘れちゃいけないポテトサラダにのっけたもの。この千切りキャベツとポテトサラダは定食のベースになります。バラ肉を煮込んだものがのれば焼肉定食、一枚肉を煮込んだものがのれば肉生姜定食など。

 小生は何でも醤油派なのですが、「こづち」のハムエッグの上に醤油を「の」の字にかけている時の幸福感というは、かなり高いものがあります。
 
 ということで、この日は肉入り焼きそばをメインメニューに選びました。

 もうベストですね。

|

« 中本の「蒙古卵麺」と「チャンプ勇」 | Main | 『旧約聖書の誕生』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/17948161

Listed below are links to weblogs that reference 「こづち」の肉入り焼きそば:

« 中本の「蒙古卵麺」と「チャンプ勇」 | Main | 『旧約聖書の誕生』 »