« 『GRデジタルワークショップ 2』 | Main | 『昭和天皇』 »

February 22, 2008

「海彦ひつまぶし」

Umihiko_hitsumabushi

「鮨 海彦」 千代田区飯田橋3-10-8 ホテルエドモンドB1F 3237-1111

ひつまぶしといったら、普通は細く切った鰻丼といすますか、小ぶりなおひつに入れられた鰻丼なんですが、これはまったく別物。

 ばらちらしを最後にダシのお茶漬けでいただくのが、なんとなくひつまぶし風ということで、店の名前も冠して「海彦ひつまぶし」と名付けられています。

 フードコーディネターがチラッと考えてみました感もしないわけではないのですが、なんといいますか、ごく普通に旨いんですよ。

 これから和食ではお茶漬けが来たりして…。

 お店によると、こんな感じで楽しんでくださいとのこと。

一膳目
十種以上のネタを特製ばらちらしに・・・お好みで醤油、山葵をお使いください。

二膳目

鰻と椎茸の甘煮をばらちらしに加えて、雲丹をまぶしてお召し上がりください。

三膳目

最後は、ぶぶあられ、三つ葉、海苔をちらし、特製だしをかけて、お茶漬け風に・・・

 1日10食限定で3500円とちょっとお高いのですが…。

|

« 『GRデジタルワークショップ 2』 | Main | 『昭和天皇』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/40218298

Listed below are links to weblogs that reference 「海彦ひつまぶし」:

« 『GRデジタルワークショップ 2』 | Main | 『昭和天皇』 »