« 『中庸』雑感 | Main | 「こづち」の肉入り焼きそば »

February 02, 2008

中本の「蒙古卵麺」と「チャンプ勇」

Nakamoto_mouko_ranmen

 恒例の新宿店と目黒店の2月限定をご紹介します。

 新宿店の月替は蒙古卵麺。これも、いわゆる本店で出している「本店メニュー」ですね。

 「蒙古麻婆がかかった味噌卵麺」。

 ということは味噌卵麺+単品麻婆で自主制作は可能なのですが、やっぱりお店でつくってくれる方が仕上がりはキレイ。

 とのことで、麺大盛りにしてヒヤミスープをとって、温もり風にいただきました。

 新宿店の味噌卵麺はヒヤミスープとともに素晴らしく美味しいと思っていまして、これもコクがあってよかったです。

 ただ、色はもうちょっと出来のいい時には鮮やかな赤だと思いますが。

 まあ、こうしたブレが問題になるのも〝名店〟なるが故の悩みということで。

Nakamoto_champ_you_08

 目黒店の月替わりはいよいよチャンプ勇の再登場。

 歴代の限定メニューの中でも最も人気が高く、リクエストの要望も多かったとか。

 ぼくもチャンプ勇の時には通いましたね。

 これはいわゆる「汁なし」。

 半熟卵の白、アスパラの緑が彩りを添えています。

 麺は久々に特盛りにしてもらい、ヒヤミスープとともに、温もり風にいただきました。

 せっかく中本に来たのだから、激辛を体験したい、ということで、冷やし味噌(ヒヤミ)以外のメニューをいただく場合はこのパターンが増えています。

|

« 『中庸』雑感 | Main | 「こづち」の肉入り焼きそば »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/17931798

Listed below are links to weblogs that reference 中本の「蒙古卵麺」と「チャンプ勇」:

« 『中庸』雑感 | Main | 「こづち」の肉入り焼きそば »