« 『革命ロシアの共和国とネイション』 | Main | 「トラットリア・タルトゥーカ」 »

December 14, 2007

本と映画のあいうえお

 急に本屋さんやレンタルビデオ店をオープンしなければならなくなったとして、とにかく今すぐタイトルを、せめて五十音につき一本ずつはそろえなきゃカッコも付かない、ということで、自分が好きな本、映画でそろえたら…というゲームのようなことをあるSNSでやっていて、それが、妙にこの忙しい時期にハマるんですね。ルールは1)自分の好きな本、映画から選ぶ2)ひとりの作家、監督につき1作品とする3)基本的にフィクションーぐらいで選んでみました。

 なんか忘れていたような記憶も蘇るといいますか、シナプスの結合が強化されたような感じがします。
 
 忙しい時期だと思いますが、いい気分転換になりましたので、ご紹介かたがた。

 長くなりますので、折ります。

[映画篇]

【あ】『雨に唄えば』(スタンリー・ドーネン)
   『アラビアのロレンス』(デヴィッド・リーン)
   『アルジェの戦い』(ジッロ・ポンテコルヴォ)
   『暗殺の森』(ベルナルド・ベルトルッチ)
   『愛のメモリー』(ブライアン・デ・パルマ)
   『悪魔のいけにえ』(トビー・フーパー)
   『暁の七人』(ルイス・ギルバート)
   『アルカトラズからの脱出』(ドン・シーゲル)
   『アニマル・ハウス』(ジョン・ランディス)
【い】『田舎の日曜日』(ベルトラン・タヴェルニエ)
【う】『失われた地平線』(フランク・キャプラ)
   『ウィンチェスター銃'73』(アンソニー・マン)
【え】『エクソシスト』(ウィリアム・フリードキン)
【お】『俺たちに明日はない』(アーサー・ペン)
【か】『がんばれ!ベアーズ』(マイケル・リチー)
   『ガープの世界』(ジョージ・ロイ・ヒル)
【き】『キャバレー』(ボブ・フォッシー)
   『北国の帝王』(ロバート・アルドリッチ)
   『木靴の木』(エルマンノ・オルミ)
【く】『黒い罠』(オーソン・ウェルズ)
   『グロリア』(ジョン・カサヴェテス)
【け】『ゲッタウェイ』(サム・ペキンパー)
【こ】『恋のエチュード』(フランソワ・トリュフォー)
   『コヤニスカッティ』(ゴッドフリー・レジオ)
【さ】『最前線物語』(サミュエル・フラー)
【し】『十月』(セルゲイ・エイゼンシュテイン)
   『深夜の告白』(ビリー・ワイルダー)
   『死刑執行人もまた死す』(フリッツ・ラング)
   『十戒』(セシル・B・デミル)
   『シェルブールの雨傘』(ジャック・ドゥミ)
   『シーズンチケット』(マーク・ハーマン)
【す】『スティング』(ジョージ・ロイ・ヒル)
   『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(ジョージ・ルーカス)
   『スターシップ・トゥルーパーズ』(ポール・バーホーベン)
【せ】『戦略大作戦』(ブライアン・G・ハットン)
【そ】『捜索者』(ジョン・フォード)
   『続・夕陽のガンマン』(セルジオ・レオーネ)
【た】『太陽がいっぱい』(ルネ・クレマン)
   『大列車作戦』(ジョン・フランケンハイマー)
   『脱出』(ジョン・ブアマン)
   『ダウン・バイ・ロー』(ジム・ジャームッシュ)
   『ダイ・ハード』(ジョン・マクティアナン)
【ち】『散り行く花』(D.W.グリフィス)
   『地下水道』(アンジェイ・ワイダ)
   『地球の静止する日』(ロバート・ワイズ)
   『チャンス』(ハル・アシュビー)
   『チャイナタウン』(ロマン・ポランスキー)
   『父親たちの星条旗』(クリント・イーストウッド)
【つ】『椿三十郎』(黒澤明)
【て】『鉄路の白薔薇』(アベル・ガンス)
   『できごと』(ジョゼフ・ロージー)
   『天国から来たチャンピオン』(ウォーレン・ビーティ)
   『デリンジャー』(ジョン・ミリアス)
   『ディアハンター』(マイケル・チミノ)
【と】『独裁者』(チャールズ・チャップリン)
   『泥の河』(小栗康平)
【な】『ナッシュビル』(ロバート・アルトマン)
【に】『人情紙風船』(山中貞雄)
【ぬ】『沼地』(ジャン・ルノワール)
【ね】『ネバダ・スミス』(ヘンリー・ハサウェイ)
【の】『野いちご』(イングマール・ベルイマン)
   『ノスタルジア』(アンドレイ・タルコフスキー)
【は】『ハタリ』(ハワード・ホークス)
   『白熱』(ラオール・ウォルシュ)
   『パルプ・フィクション』(クエンティン・タランティーノ)
【ひ】『ピーターパン』(ウォルト・ディズニー)
   『ビートルジュース』(ティム・バートン)
【ふ】『フェリーニのアマルコルド』(フェデリコ・フェリーニ)
   『ブラザー・サン シスター・ムーン』(フランコ・ゼフィレッリ)
   『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』(ルイス・ブニュエル)
   『フルメタル・ジャケット』(スタンリー・キューブリック)
   『プライベート・ライアン』(スティーヴン・スピルバーグ)
【へ】『ペーパー・ムーン』(ピーター・ボクダノヴィッチ)
【ほ】『炎のランナー』(ヒュー・ハドソン)
【ま】『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』(ラッセ・ハルストレム)
【み】『ミツバチのささやき』(ビクトル・エリセ)
   『緑の光線』(エリック・ロメール)
   『耳をすませば』(近藤喜文)
【む】『無防備都市』(ロベール・ロッセリーニ)
【め】『めまい』(アルフレッド・ヒッチコック)
   『眼には眼を』(アンドレ・カイヤット)
【も】『モスラ』(本多猪四郎)
【や】『ヤング・ゼネレーション』(ピーター・イェーツ)
【ゆ】『雪之丞変化』(マキノ雅弘)
   『勇者の赤いバッヂ』(ジョン・ヒューストン)
【よ】『汚れた顔の天使』(マイケル・カーティス)
【ら】『ラルジャン』(ロベール・ブレッソン)
【り】『理由なき反抗』(ニコラス・レイ)
【る】『ルードウィヒ/神々の黄昏』(ルキノ・ヴィスコンティ)
【れ】『レイダース/失われた聖櫃』(スティーブン・スピルバーグ)
【ろ】『ロッキー・ホラー・ショー』(ジム・シャーマン)
   『ローマの休日』(ウィリアム・ワイラー)
【わ】『ワン・フロム・ザ・ハート』(フランシス・コッポラ)

[本篇](ノンフィクションや学術書などは基本的に外してありますが詩歌は入れました)

あ 『アンティゴネ』ソフォクレス
  『嵐が丘』エミリー・ブロンテ
  『歩く影たち』開高健
  『明日のジョー』ちばてつや
い 『イーリアス』ホメロス
  『いやいやえん』中川李枝子/大村百合子
  『一瞬の夏』沢木耕太郎
  『石の結社』デイヴィッド・マレル
う 『美しい夏』チェーザレ・パヴェーゼ
え 『英雄伝』プルターク
  『A-10奪還チーム出撃せよ』S.L.トンプソン
お 『おくのほそ道』松尾芭蕉
か 『眼球譚』ジョルジュ・バタイユ
  『哀しき父』葛西善蔵
  『過酸化マンガン水の夢』谷崎潤一郎
  『カブト虫殺人事件』ヴァン・ダイン
  『火星のタイム・スリップ』フィリップ・K・ディック
  『火星年代記』レイ・ブラッドベリ
  『悲しみよこんにちは』フランソワーズ サガン
き 『奇岩城』モーリス・ルブラン
  『金閣寺』三島由紀夫
  『喜劇新思想体系』山上たつひこ
く 『グレート・ギャッツビー』スコット・フィッツジェラルド
け 『血族』山口瞳
こ 『好色五人女』井原西鶴
  『黄金虫』エドガー・アラン・ポー
  『心が二つある川』アーネスト・ヘミングウェイ
  『ゴッドファーザー』マリオ・プーゾ
  『今夜、すべてのバーで』中島らも
さ 『三国志』吉川英治
  『桜島』梅崎春生
  『坂の上の雲』司馬遼太郎
し 『使徒行伝』ルカ
  『新古今和歌集』
  『シャーロック・ホームズの冒険』アーサー・コナン・ドイル
  『地獄の季節』アルチュール・ランボー
  『十五少年漂流記』ジュール・ヴェルヌ
  『シェリ』コレット
  『城』カフカ
  『抒情小曲集』室生犀星
  『斜陽』太宰治
  『飼育』大江健三郎
  『邪宗門』高橋和巳
  『収容所群島』アレクサンドル・ソルジェニーツィン
  『シャドー81』ルシアン・ネイハム
  『シカゴ育ち』スチュアート・ダイベック
す 『スローターハウス5』カート・ヴォネガット
  『スクールボーイ閣下』ジョン・ル・カレ
  『ストップ!!ひばりくん!』江口寿史
せ 『戦争の犬たち』フレデリック・フォーサイス
  『センチメンタル・シカゴ』サラ・パレツキー
そ 『俗物図鑑』筒井康隆
た 『他人の顔』安部公房
  『高い砦』デズモンド・バグリイ
  『第五の騎手』ドミニク・ラピエール/ラリー・コリンズ
  『脱出せよ、ダブ』クリストファー・ウッド
  『猛き箱舟』船戸与一
ち 『血の収穫』ダシール・ハメット
  『チャーリーとの旅』ジョン・スタインベック
  『ちいろば先生物語』三浦綾子
  『血の絆』A・J・クイネル
  『中二階』ニコルソン・ベイカー
つ 『罪と罰』ドストエフスキー
  『月に吠える』萩原朔太郎
て 『テスト氏』ポール・ヴァレリー
  『転落』カミュ
  『ドバラダ門』山下洋輔
  『TUGUMI』吉本ばなな
  『ティンブクトゥ』ポール・オースター
と 『唐詩選』
  『トム・ソーヤの冒険』マーク・トウェイン
  『虎よ、虎よ』アルフレッド・ベスター
  『ドサ健ばくち地獄』阿佐田哲也
  『ドラゴンボール』鳥山明
  『動物のお医者さん』佐々木倫子
な 『眺めのいい部屋』E・M・フォースター
に 『人間の条件』アンドレ・マルロー
ぬ 『奴婢訓』スウィフト
ね 『眠れる美女』川端康成
  『ねじまき鳥クロニクル』村上春樹
の 『呪われた町』スティーヴン・キング
は 『歯車』芥川龍之介
  『花のノートルダム』ジャン・ジュネ
  『遥かなるセントラルパーク』トム・マクナブ
  『薔薇の名前』ウンベルト・エーコ
ひ 『ヒューマン・ファクター』グレアム・グリーン
ふ 『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル
  『ブロークバック・マウンテン』E・アニー・プルー
へ 『平家物語』
ほ 『坊ちゃん』夏目漱石
  『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン
ま 『マクベス 』シェイクスピア
み 『源にふれろ』ケム・ナン
む 『むらぎも』中野重治
  『ムーミン谷の冬』トーベ・ヤンソン
め 『冥途の飛脚』近松門左衛門
  『名探偵カッレくん』リンドグレーン
も 『もっとも危険なゲーム』ギャビン・ライアル
や 『夜間飛行』サン=テグジュペリ
ゆ 『夕暮まで』吉行淳之介
よ 『幼年期の終り』アーサー・C・クラーク
  『杳子』古井由吉
ら 『ライト・スタッフ』トム・ウルフ
り 『猟人日記』ツルゲーネフ
る 『ルバイヤート』オマル・ハイヤーム
れ 『檸檬』梶井基次郎
ろ 『ロング・グッドバイ』レイモンド・チャンドラー
  『ローマ人の物語』塩野七生
わ 『和漢朗詠集』
  『若菜集』島崎藤村
  『別れの顔』ロス・マクドナルド
  『鷲は舞い降りた』ジャック・ヒギンズ
  『別れを告げにきた男』ブライアン・フリーマントル

|

« 『革命ロシアの共和国とネイション』 | Main | 「トラットリア・タルトゥーカ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/17364343

Listed below are links to weblogs that reference 本と映画のあいうえお:

« 『革命ロシアの共和国とネイション』 | Main | 「トラットリア・タルトゥーカ」 »