« 『精神現象学』読書日記#12 | Main | GR DIGITAL IIを触りに行く »

November 02, 2007

「三州屋 銀座店」のカキフライ

Sanshuya_ginza_kaki_fried

「三州屋 銀座店」 東京都中央区銀座2-3-4 3564-2758

 大衆割烹といいますか、飲み屋さんのランチ時に出されるカキフライでは最高峰のひとつではないでしょうか。

 三州屋銀座店は銀座2丁目のビルとビルの間の細い路地に玄関だけが見えていて、その都市のブラックホールのような場所にランチ時には、ひっきりなしに客が吸い込まれていきます。前はサラリーマンが中心だったのですが、最近は女性客も増えている感じ。

 席につき、辛抱たまらず「カキフライ」と頼むと、ちょうどいい具合の大粒なカキのフライが5つ出てきます。これより大きいとランチ時には似つかわしくないですし、小さいとフツーすぎる。「今日はおいしいカキフライを、お昼時に食べたいんだ」という気分にピッタリの大きさ。

 揚げ具合も口に入れた時のサックリ感が約束されています。それがキチンとビジュアル化されている。これが千切りキャベツ、サラダの上にのってます。

 くし形に切ったレモンも新鮮で質感あります。お約束の不思議な辛子も嬉しい。

 三州屋さんはいろいろ行きますが、ここのなめこ汁は絶品ですね。

 小生は生醤油でいただいています。

|

« 『精神現象学』読書日記#12 | Main | GR DIGITAL IIを触りに行く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/16951896

Listed below are links to weblogs that reference 「三州屋 銀座店」のカキフライ:

« 『精神現象学』読書日記#12 | Main | GR DIGITAL IIを触りに行く »