« 「三州屋 銀座店」のカキフライ | Main | 『スティグリッツ教授の経済教室』 »

November 04, 2007

GR DIGITAL IIを触りに行く

Gr_d2_1

 GR DIGITAL IIを発表した「photoGRaph100」の開催されている横浜美術館に行って、実機に触れてきました。本当は3日の横浜美術館開館記念日に行けば、シュルレアリスム展もタダで入れたのですが、土曜日は個人的なイベントがいっぱいで行けませんでした。ということで日曜日にGO !

写真展を横目に、さっそく3台置いてあるGR DIGITAL IIを手に取ります。第一印象は軽い!係員の方に「随分軽くなっていますね!」と聞くと「ええ、2gほど軽くなっていますが、今回はAC電源で動かしているため、電池が入っておりませんので…」とのこと。なんつー早とちり…。

 それはそれとして、液晶画面が鮮やかになっていました。2.5inchから2.7inchへと若干大きくなっただけですが、レベルが違う明るさ。前の液晶が生産中止になって調達できくなったという話も納得。

 ISOやホワイトバランスなどを変えるADJ.ダイヤルがレバーに変わったのは、GX100のチャレンジを踏襲したもの。ワンランク下の機種で新しい機能を試し、それをフラッグシップ機に搭載する、というのは黄金時代のニコン、キヤノンなどの戦略と同じですね。とはいっても、価格的にGR DとGX100はあまり変わらないのですが…。

 誤って押してしまう場合も多かったPowerボタンはGX100よりもさらに掘り下げられています。しかし、決して押しにくいほどではありません。オン状態では緑色に光るギミックもなんかイイ感じ。

 タッチ&トライ機にはすべて新設計のファインダーが装着されていました。写真でみる限りは随分、小さいので頼りなかったのですが、「見え」はよかった!即買することに決めました。この新ファインダーGV-2をつけても収められるカメラケースも必需品になりそう。

Gr_d2_2

 RAWモードでのメディアへの記録時間ですが、随分と短くなりました。現行機のJPG保存とあまり変わりない、みたいな感じ。つか、今の機種では撮る気起こらないほどでしたが…。

 電子水準器はいいですね。いつも液晶にはグリッドを表示させているので、必要ないかな、と思いましたが、2段階のレベルでインジケーターが変化して水平度合いを知らせてくれますし、クリッド表示していても、音で水平度合いを知らせてくれるそうです。思ったよりイイ感じ。実際に使うかどうかは分りませんが…。加速度検知装置が組みこまれたのは、これと画面の縦横自動回転表示を可能にさせるためだと思いますが、縦位置で撮影した画像を自動的に縦位置で表示してくれるのは便利ですよね。

 立ち話ですが、リコーの方々お話することもできました。

「個人的にGR D21へのロードマップを考えているんですが、銀塩のGR 1が1sになって、その3年後の2001年にGR 21が発売されているので、デシタル版の21mmは2009年あたりに期待しているんですが…」
「GR 21はびっくりするほど売れなかったんですよ」
「あ、そうなんすか。ぼくなんか、買った価格以上の値段でヤフオクに流せたんで本当に嬉しかったんですが、メーカーとしてはメリットが出にくい機種だったんですかね。まあ、定価13万8000円でしたもんね…」
「実際に買っていただいたお客さまにはご満足いただけたみたいですが…」
「んー、ポケットインの21mmというのは本当に魅力的なんですがね」
「21mmの画角でしたら、ぜひワイドコンバージョンレンズをおためしください」
「ワイコンとか今回発売されるテレコンとか、なんか昔、おカネ無いときにクローズアップレンズとか買って画質にガックリ来たみたいなイメージがありまして、食指が伸びないんですよ」
「いまは設計段階からディストーションを押さえる工夫なんかもしていますし、実際、この写真展でもワイコン付けて撮った写真あるんですが、見た目はわからないですよ」
「そうなんすか…でも、携帯性がね…」
「買って家に置いておくだけで満足、という使い方が一番かもしれませんw」
「にしてもGR 21のデジタル版出してくださいよ。20万円でも買いますよ」
「ハッセルブラッドなんかでも、SWCは売れなくて苦労したみたいですから」
「じゃあ機種名はGR Dswcにして、名前だけでも高級感をあおるとかw」
「寄せ書きにチラッと書いておいてくださいよ。もしかして21mmの開発につながるかもしれませから」

 うーん、GR D21は見果てぬ夢に終わるんでしょうか…

|

« 「三州屋 銀座店」のカキフライ | Main | 『スティグリッツ教授の経済教室』 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/16970940

Listed below are links to weblogs that reference GR DIGITAL IIを触りに行く:

« 「三州屋 銀座店」のカキフライ | Main | 『スティグリッツ教授の経済教室』 »