« 「丸香」のかまたま | Main | 『精神現象学』読書日記#10 »

October 24, 2007

「新宿・中本」の手羽先

Nakamoto_tebasaki2

「中本 新宿店」 新宿区西新宿7-8-11 美笠ビルB1F 3363-3321

 9月から全店初の試みとして、夜用の「ビールセット」にフィーチャーされていた手羽先ダイコンのうち、10月中旬からは手羽先のみが単品メニューとしてスピンアウトされました。

 手羽先が単品デビューしたのは翌日、さっそくいただいてきました。

 こうしたものは、やっぱりご飯ものにつけようということで、半蒙古丼をチョイス。もちろんヒヤミスープをつけ、さらにお店の方からの「手羽にはネギがあいますんで」というひと言で、ネギも追加。

 まあ、手羽という食材自体、昔は捨てていた部位。ですので、よっぽど濃いめにしない限り、なかなか味は乗ってきません。新宿・中本の手羽先も味の輪郭がいまひとつハッキリしていない感じ。

 考えてみればモヤシも豆腐も、中本でボリューム感を出すために使われている食材って、みんな単価は安いですよね。 しかし、安いとはいってもモヤシもお豆腐もおいしいところが日本の食材のすばらしさ。

Nakamoto_tebasaki

 お店の方には「タレにネギを入れて、そこにご飯をレンゲですくって、スープカレーみたいにして食べて、それで思いついたんすけど、手羽って味が染みこみにくいから、いっそカレー味にしてみたらどうでしょ?」と伝えました。 さらに思いついたのが、印度丼(カレーライス)にトッピングすれば、チキンキレーっぽい、みたいな。

 新しいメニューなので、まだまだこれからの展開が楽しみですし、100円というのは嬉しいひと品です。そして、確かにビールには合いそう。

|

« 「丸香」のかまたま | Main | 『精神現象学』読書日記#10 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/16858688

Listed below are links to weblogs that reference 「新宿・中本」の手羽先:

« 「丸香」のかまたま | Main | 『精神現象学』読書日記#10 »