« 味スタのフェイジョアーダ | Main | 『精神現象学』読書日記#12 »

October 31, 2007

GR DIGITAL II予約完了

Grd2_reservation

 ほぼ予想通りの内容で新しいGR Dが出ることになりました。機種名はGR DIGITAL II。発売日は11/11。もちろん予約してきました。

 いま使っているGR DはISO100で撮る分にはまったく問題ないカメラで、5D+EF 単焦点レンズと比べるとさすがに厳しいですが、20D+EFズームレンズのワイド端となら圧勝するぐらいの高品質な画を吐き出します。こちらで紹介させていただいているお皿の数々も大部分はGR Dで撮っています。

 9月ぐらいに生産完了のウワサが流れてきて、史上最高額となることが確定の年末ボーナス商戦に向けて新製品投入の体制に入ったといわれてきましたが、その頃から理想だと思っていた「基本を変えずにブラッシュアップ」という感じになって嬉しい限りです。

 新製品投入のもっとも大きな理由はCCDとか2.5インチ液晶などの部品が代替わりしてしまったことだと思いますが、発売後、2年が経過して、GX100という機種でトライした様々な要素を組み込んで、より完成度を高めた製品を出すというのは悪くない姿勢だと思います。

 ざっくりと製品紹介を見ているなかで、あまり触れられていないようですが、現行のGR Dの最大の問題点だと思っていたパワーボタンの誤動作防止のために、ボタン周りを深く削るということが行われているようで(少なくともGX100並には)、それは一安心。また、これもGX100と同じようにバッテリーの誤抜防止具もついてきました。反対に広角専用機にスタビライザーは不要でしょと思っていたら、GX100でトライした手振れ防止はちゃんと省かれているのにも好感を持ちました。28mm専用機で付けていたとしたらまさに無用の長物だったですもんね。

 また、テキスト上での話しですが、低輝度下でのノイズ除去やスピードアップもはかられているようで、より使いやすくなったな、と思います。

 新設計のファインダーも楽しみ。旧ファインダーは大きすぎたし、パワーボタンの誤動作防止のために専用ケースに入れてカバンに放りこんでいたので、なかなか出番がなかったんですよね。今回はこのファインダーをつけたまましまえる専用ケースも出るようなので、ファインダーの「見え」がよかったら、どちらも購入しようと思います。もし悪かったら、あえて買いませんが、専用ファインダーって、なんで、こんなにキレイに世の中を見せてくれるんだろう…と思うほど素晴らしい「見え」を与えてくれる場合があって、特にGR Dのように、毎日持ち歩いているような機種には付けてあげたい気がします(個人的にいままで一番素晴らしいと思ったのはCONTAX Gシリーズ要のビオゴン21mm用のファインダーでした)。

 銀塩の場合GR 1の次にGR 1sが来てからGR 21で、28mm版はGR 1vまで行きました。その間に、廉価版のGR10も出ていたので、ロードマップはややこしいですが、GRファミリーは以下のようになっていました。

1996 リコー GR1
1998 リコー GR10
1998 リコー GR1s
2001 リコー GR21
2001 リコー GR1v

この感じでいくと、2~3年後にはGR D21が発売されるのではないかと思っていて、それが楽しみです。

|

« 味スタのフェイジョアーダ | Main | 『精神現象学』読書日記#12 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/16931811

Listed below are links to weblogs that reference GR DIGITAL II予約完了:

« 味スタのフェイジョアーダ | Main | 『精神現象学』読書日記#12 »