« 『打ちのめされるようなすごい本』 | Main | 『こんなとき私はどうしてきたか』 »

August 05, 2007

「ル・プラ」の日替わりランチ

Le_plat_2

「ル・プラ LE PLAT」 荒川区東尾久8-12-15 3819-0345

 企業も千代田区、中央区回帰をしているところもあれば、この際ということで、ちょっと都心からは離れていても自社ビルをつくってしまえ、というところも、いろいろ。

 ということで、熊野前なんつうところにも出かけることになったんですが、かねてから、ウワサの小ていな西洋料理の店「る・ぷら」でランチをいただくことができました(京都嵯峨のル・プラ・プリュとなんか関係があるんでしょうか?)。

 店は住宅街にある一軒家。イタリア、フランス、スイスの国旗が掲げてありまして、ヨーロピアン・クィジーンを目指しているとのこと。

 店内はほどよい広さ。全てテーブルで、2階も含めて42卓あるそうですが、1階は30席。

 庭の緑もいいですね。扉の金具もヨーロッパで使っていたような、何回も回さなければ開かないタイプ。なんかイイ感じ。

Le_plat_3

 この日は時間がなかったので「日替わりランチ」にしましたが、中には昼間っからチーズフォンデュをやってるカップルや女性客グループもいました。

 冷製スープも味がしっかりしています。

 ぼくは、このビシソワーズが大好きでして、大きなビンに入れたビシソワーズを腰に手を当てながら、牛乳みたいに一気飲みすることを人生で一度ぐらいはやってみたいと思っているんです。

Le_plat_1

 メインは鶏肉のソテー。

 なんでも岩手産地養鶏だそうでして、肉はキチンとジューシーです。

 ソースも美味しい!しっかりしてます。

 パンも暖かいし、キチッ、きちっとしてますね。

 時間が迫っているので、シャーベットを頂けませんでしたが、次は友人たちとチーズフォンデュでもやろうかな、と思いました。

Le_plat_arakawa_sen

 にしても、熊野前といいますか荒川線といいますかチンチン電車っつうのも、なかなかオツなもんでございますね。

 ジャン・レノがここらあたりで「WASABI」の撮影をしていて、食事をしたのが「ル・プラ」だそうですよ。

|

« 『打ちのめされるようなすごい本』 | Main | 『こんなとき私はどうしてきたか』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/16018344

Listed below are links to weblogs that reference 「ル・プラ」の日替わりランチ:

« 『打ちのめされるようなすごい本』 | Main | 『こんなとき私はどうしてきたか』 »