« 『世界史の教室から』 | Main | 『バスカヴィル家の犬』 »

July 14, 2007

「角平」で「黒龍」を

Kokuryu_88

「角平」 横浜市西区平沼1-36-2 045-321-4341

 前もチラッと書きましたが、日本酒で好きなのは「黒龍」と「田酒」です。「角平」さんは、そのどちらも常備っていうんですから通うのは当たりまえ。

 「黒龍」はもちろんノーマルタイプも美味しいのですが、ミドルレンジのラインアップも素晴らしい。

 純米大吟醸ながら清楚な香りただよう「火いら寿」。アルザスワインを思わせるようなフルーティな大吟醸「しずく」。そして「しずく」の中から特に良く出来上がったものを八十八号容器に集められた「八十八号」。

 先日、「角平」のノレンを物憂げあげると、「しずくと八十八号が入って、いまなら口開けを召し上がれますよ」と教えていただきました。

 もちろん「それそれぇ」とグラスビールで調子を整えた後、さっそく「八十八号!」。

Kadohei_anago_shirayaki

 注いでもらうのは枡に乗せた冷やグラス。グラスから透明な液体がこぼれるほどに、柑橘系を思わせるような香りが漂います。

 旨い。旨すぎ。

 おつまみはあなごの白焼き。もう、完璧なマリアージュでしたね。

 完璧すぎて、李白ではありませんが「一杯、一杯、また一杯」となるのは必然。

 ということで、最後は「しずく」でしめたのですが、その時点ではホロ酔いで写真もブレブレ。

Kokuryu_shizuku

 でも、美味しかったなぁ。

 まさに淡麗辛口とはこの酒のこと。

 これからも「八十八号」と「しずく」の口開けを飲める機会なんて、そうザラにはないでしょうからね。

 ありがたかったです。

Kokuryu_hiiragi

黒龍大吟醸「八十八号」
産  地:福井県
酒  質:大吟醸
酵  母:蔵内保存株(自社培養酵母)
精米歩合使 :35%
用 米:山田錦
杜  氏:畑山 浩氏(能登杜氏)

|

« 『世界史の教室から』 | Main | 『バスカヴィル家の犬』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/15752188

Listed below are links to weblogs that reference 「角平」で「黒龍」を:

« 『世界史の教室から』 | Main | 『バスカヴィル家の犬』 »