« 『一六世紀文化革命 2』 | Main | 『双蝶々曲輪日記 引窓』 »

June 15, 2007

「小滝橋二郎」のつけめん

Jiro_otakibashi_tsukemen

「ラーメン二郎新宿小滝橋通り店」 新宿区西新宿7-5-5 3371-5010

 久々に「小滝橋二郎」へ行ってみました。以前、入ってみた時に、店員同士がケンカしていて、二度とこんな店来るか、と思ったのですが、それ以来のこと。

 『孤独のグルメ』の中で、やたら怒りっぽい店主に主人公が文句をつけるシーンがあるのですが、やっぱり食事というのは豊かな気分の中でいただきたいものです。最近はネットが発達していますから、どうも雰囲気が変わったようだな、ということで行ってみたという。店内はやや「二郎臭」が気になるものの、前は汚れていたレンゲなどもキレイになっていたし、これなら使える感じ。

 ということで頼んだのは「つけめんぶた入り」800円。

 二郎を乳二郎(アブラが多く白濁しているスープが特徴)、醤二郎(カネシ醤油がたっている感じのスープ)に分けると、ここは明らかに醤二郎。人によってはかなりしょっぱく感じられる味でしょうが、小生は大好き、みたいな。つけめんなのに、カラメで頼んでしまいましたし。

 麺に関しては、もし、次、頼む時には固めというかかなり固めをお願いすると思います。

 ぶた(チャーシュー)に関しては脂身をカットしているタイプで、好き嫌いは分かれるでしょうね。

|

« 『一六世紀文化革命 2』 | Main | 『双蝶々曲輪日記 引窓』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/15441799

Listed below are links to weblogs that reference 「小滝橋二郎」のつけめん:

« 『一六世紀文化革命 2』 | Main | 『双蝶々曲輪日記 引窓』 »