« 『ブッシュのホワイトハウス(下) 』 | Main | 「煉瓦亭」のナポリタン »

March 18, 2007

満開の『義経千本桜』

Yoshitsune_senbon_sakura

 3月の大歌舞伎は、2月の『仮名手本忠臣蔵』に続いての通し狂言。本当に最近の歌舞伎界は充実していますね。今回、見物したのは夜の部。「木の実、小金吾討死」「すし屋」「川連法眼館、奥庭」。

 特に「木の実、小金吾討死」「すし屋」の流れは通し狂言ならでは。さすがに三大狂言とうならせる脚本の冴えです。小道具が効いている。笛、寿司桶、羽織。寿司桶を入れ違いにして、取り違えることで物語が大きく動いていく視覚芸術ならではの一瞬のジャンプ。笛の音が物語全体を思い出させる喚起力。素晴らしいです。

 戯曲(ほん)は竹田出雲・三好松洛・並木千柳の合作。竹田出雲を中心としたこの三人は1746年に『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』、1747年には『義経千本桜』、1748年には『仮名手本忠臣蔵』と三年連続でいわゆる三大名作狂言を発表しています。こんなことっていうのが芸術の世界にはあるんですねぇ。まさに爆発。徳川将軍は家重の時代。家重は脳性麻痺を患い言語不明瞭のまま、大奥に籠って酒色にふけるという素晴らしい人生をおくった九代目です。そんな時代の熟爛が生んだともいえる、凝りに凝った戯曲(ほん)。

 『義経千本桜』は義経伝というよりも、義経は「平知盛」「いがみの権太」「佐藤忠信(実は源九郎狐)」の三人のサブストーリーの狂言回しで本当のヒーローとは何か問うていきます。義経を求心力に、滅亡した貴族、庶民、そして魑魅魍魎の存在まで借りて本当のヒーローとはという問いを大きく深く広げていきます。こんなことをぼくたちのお祖父さんたちは考えていたなんて、本当にスゴイことですよね。

 今回のお楽しみは「いがみの権太」の片岡仁左衛門。なんと、通し狂言の中で、あえて上方風の演出を盛り込んでいます。いいんですよねぇ、庶民的なのが。「いがみの権太」は最初は超善人として現れ、それが極悪人に変身するけど、実は子煩悩で最後は親孝行をするけど犬死にしてしまうという、とてつもない役回りなんですが、かたりで金をせしめた後、コワモテの絶頂から急に子煩悩な父親に戻ってしまうところが、上方風だと自然に感じます。

 男前の孝夫さんが颯爽と演じていて、なんか、桜の季節に京都・南座で見物しているような錯覚におちいりました。素晴らしい。

 いつか、本当に「柊家」「俵家」「炭家」に泊まって、ゆったりと桜を愛でた後、南座で孝夫さんの舞台を観たいな、と思いました。

 あと息子さんの孝太郎さんが「いがみの権太」の妹役「お里」で出ているんですよね。孝太郎さんの声、好きです。

 『義経千本桜』に関する解説はこのサイトが素晴らしい。

|

« 『ブッシュのホワイトハウス(下) 』 | Main | 「煉瓦亭」のナポリタン »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。J.B.ANTENNAから飛んできました東京サポです。
私も昨日昼の部のほうを観てきました。(夜の部は今週行きます)2.3月の歌舞伎座は本当に充実したラインアップですね!
仁左衛門さんの権太は以前拝見しましたが、奈良の悪ガキパパとでもいうような感じが好きでした。今回も上方の型でされるのですね。観るのが楽しみです。

Posted by: なべら | March 18, 2007 at 11:42 PM

なべらさん、はじめまして。権太を上方の型でやるのを観たのは初めてです。というように、通い詰めているわけではないのですが、ようやく、最近「せっかく歌舞伎座があるんだから、毎月、行こう」と思うようになりました。

それにしても、孝太郎さん良かったです。

Posted by: pata | March 19, 2007 at 12:38 AM

初めまして、此の花亭のayaです。
当サイトへのコメント、有難うございました!

私は18日に夜の部を観てきました。
木の実-すし屋は義経千本桜の中で“権太”という
庶民が主人公の場面の為か、私にとっては最も
身近に感じる物語です。
それだけに、権太一家に起こった出来事には
切なくなると言いましょうか…
お里も前半の喜びと後半の哀しみとの落差が
あまりにも激しくて可哀相になってしまいます。
前半、元気いっぱいだから尚更かもしれませんね。

Posted by: aya | March 20, 2007 at 11:01 PM

ayaさん、わざわざお越しいただきまして恐縮です。孝太郎さんのファンに一発でなってしまい、金比羅歌舞伎に4月に出ると聞いて電話で聞いたら「土日の切符はもうありませんよぉ」と云われました。いやー、そんなに大人気だったとは知りませんでした。

Posted by: pata | March 21, 2007 at 07:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/14300792

Listed below are links to weblogs that reference 満開の『義経千本桜』:

» 義経千本桜@歌舞伎座 昼の部 [ブログションガネー ]
今日は、歌舞伎座に「義経千本桜」観にいってきました。 先月の「仮名手本忠臣蔵」に [Read More]

Tracked on March 18, 2007 at 11:43 PM

« 『ブッシュのホワイトハウス(下) 』 | Main | 「煉瓦亭」のナポリタン »