« 『カトリシスムとは何か』 | Main | 『天皇家の“ふるさと”日向をゆく』 »

February 22, 2007

「ジャポネ」の明太子スパ

Japone_mentai

「ジャポネ」中央区銀座1-2銀座インズ3 3567-4749

 これも時々、喰いに行きたくなる店のひとつ。和風スパゲティというか焼きスパゲッティの店で、1麺のレギュラーから始まり大盛の呼び名がジャンボ(2麺?)、横綱(3麺?)、親方(4麺?)、理事長(5麺?)と量とともに変化していくことでも有名なお店。ちなみに親方以降は裏メニュー。

 子どもの頃に食べたような味のナポリタンをどんどん展開させていき、塩味、醤油味、中華味、カレー味、キムチ味などをベースに新作を発表し続け、いまなお、銀座周辺のサラリーマンから熱い支持を集めているのはさすがとしか云いようがありません。

 今回いただいたのは明太子。味は塩味。半茹でされたスパゲッティをラードでチャッと炒め、塩味を加えて、しいたけ、タマネギ、小松菜を加えてさらにソテーしてベースを完成させ、そこに明太子をのせ、ノリをちらして出来上がり。

 懐かしいだけでなく、確かに旨い。B級すぎるけど、いいじゃない。こんなに素早く、しかも実は丁寧につくってくれていて、味もしっかりしているのはさすがに食文化ニッポン。

 いつか、インディアン(カレー味)をいってみたいと思っていて、なかなか決意できなかったのですが、先日、隣で喰っているのを見て「なかなか美味しそうだな」と思ったので、次はぜひチャレンジしたいと思います。インディアンの場合、カウンターから「ルーがなくなったら足しますから」と云ってくれるのが親切。

|

« 『カトリシスムとは何か』 | Main | 『天皇家の“ふるさと”日向をゆく』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/14005634

Listed below are links to weblogs that reference 「ジャポネ」の明太子スパ:

« 『カトリシスムとは何か』 | Main | 『天皇家の“ふるさと”日向をゆく』 »