« 『日本近代技術の形成』 | Main | 『役者は勘九郎』 »

February 01, 2007

ウメ地下の関東炊きと串揚げ

Torinosu

 大阪出張の楽しみは「ウメダ地下センター」(ホワイティうめだ)。完璧に日帰り出張が当たり前になってしまった現在、東京に帰るまでのちょっとした時間に大阪の情緒を味わえるのは貴重です。

 ということで久々に行ってきました。

 まずは串揚げでもということで「鳥の巣」に。昔のコマ通りにあります。

 ハードボイルドにいくなら立飲みの店でしょうけど、ちょっと疲れたな、という日には座って飲めるお店がありがたいです。

 頼んだのはアスパラ、カキ、青唐辛子。ビール大ジョッキを飲んで1010円というのが嬉しい。

 アスパラなんか、サッと揚げてる感じがします。歯ごたえが素晴らしい。

 ということで、ビールを飲んだら、次は日本酒。

Takoume

 近くにある「たこ梅」の東店のノレンをくぐります。

 お目当てはねぎま、水菜、子芋。頼りなさそうだけどよく利くカラシをつけていただきます。

 昔は錫のお銚子からコップについでくれていたと思ったけど、ここは普通の徳利に、錫のコップで飲ませてくれます。錫は大阪の伝統工芸品。熱伝導率が良く、素早くお燗がつきます。

|

« 『日本近代技術の形成』 | Main | 『役者は勘九郎』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

毎度、当店をご利用いただきありがとうございます。m(_ _)m
> 頼りなさそうだけどよく利くカラシをつけて
おっしゃるとおり、普通の芥子より「きく」と思います。
この芥子のファンの方も多数いらっしゃいまして、芥子を肴にお酒を召し上がります。(ほんと、のんべぇはすごいですね)
それでは、大阪においでの際は、気軽にお立ち寄り下さい。
※突然のお邪魔失礼いたしました

Posted by: おでん屋「たこ梅」 | February 01, 2007 at 05:28 PM

あ、わざわざありがとうございます
30日におジャマいたしました!
次もまいりますんで!

Posted by: pata | February 01, 2007 at 05:57 PM

僕も「たこ梅」すきです。
梅田界隈で仕事のときにはよくいきました。
僕は、ここと地下の「インデアン」カレーが好きですねぇ

Posted by: bard | February 04, 2007 at 01:09 PM

おお、bardさんも!
もう、完全な文化ですよね、たこ梅さんは

Posted by: pata | February 04, 2007 at 05:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/13740967

Listed below are links to weblogs that reference ウメ地下の関東炊きと串揚げ:

« 『日本近代技術の形成』 | Main | 『役者は勘九郎』 »