« 「一億」の薬王玄米カレー | Main | 「神代庵」の天ざる »

February 11, 2007

『われわれはどこへ行くのか?』

Matsui

『われわれはどこへ行くのか?』松井孝典、筑摩書房

 生臭い本が続いたので、清涼水のような本を。これまでも『アストロバイオロジー』岩波新書などで語ってきた内容を、筑摩新書らしくよく噛み砕いてサクッと読ませてくれます。口直しにはピッタリ。

 松井さんは、惑星科学の立場から地球とはコア層、マグマ層、大陸地殻、海洋、大気層、生物圏、人間圏、電離層(プラズマ層)、磁気圏から成り、全ての構成要素には相互の関係が働いている、としています。こうした複合的な調和が成立するようになったキッカケ、駆動力は太陽ですが、現在、相互関係に最も深刻な影響を与えているのが人間圏である、というのが大きな問題設定。

 最初は狩猟採取生活で他の生物と大差はなかった人間ですが、いったん森から出て農耕牧畜を始めることによって、太陽光の反射比率にも影響を与える存在となった、と(森は農耕地よりも反射率は低いですし、地表の成分を海にも流しにくい)。さらに、産業革命以降の急速な物質とエネルギーの移動により、人間圏もストック型となり人口が膨脹した、と。しかし、人間圏がこれ以上、膨張すると、食料が供給できないから、そうなると貨幣経済が崩壊し(ぶっちゃけ紙で食料が変えなくなるから)、あと50年ぐらいで人間圏は終わりになるんじゃないか、みたいな電波っぽいところまで云っちゃいます。

 こうした崩壊を食い止めるためには、企業の論理っぽい「地球に優しい」という科学的な根拠のない空疎な言葉では難しいし、だいたい地球の歴史は汚染の歴史であった、とまで書くのが痛快なところ。

 まだ、解決する見取り図すらないけれども、どのみち、わたしたち自身の体の成分も地球からの借り物なのであり、これからの生活もレンタルの思想が必要になってくるんじゃないか、なんてあたりは、問題解決の方法としては直接的ではないし、遠すぎるかもしれないけど、納得的。

 そしてなぜ、人間圏を延命させるかというと、それは地球以外の生物との出会いを果たし、生物とは何か、という秘密を解き明かし(まだ、基本的には地球型生命しか知らないので、わたしたちは生命とは何かという大問題を、たったひとつのデータでしか分析していなし、それでは比較対照の分析がしようがない、と)、やがては、宇宙の成り立ちまで解き明かしたいから、というのはさわやかな目的です。

 装丁もすがすがしい。

|

« 「一億」の薬王玄米カレー | Main | 「神代庵」の天ざる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/13865043

Listed below are links to weblogs that reference 『われわれはどこへ行くのか?』:

« 「一億」の薬王玄米カレー | Main | 「神代庵」の天ざる »