« 『日本サッカー史 資料編』 | Main | 岡山「やまと」のカツ丼 »

February 28, 2007

『神の雫』

Kamino_shizuku

『神の雫 10』オキモト・シュウ(画)、亜樹直(作)

あまりマンガは読まないのですが、これは最初の頃、結構ハマリました。ワインの蘊蓄マンガなんですけど、原作がしっかりしているというか、いろいろ調べているな、と感じましたし、主人公の設定もいい。しかも、対決でのカタストロフが必ず用意されているというマンガの基本も押さえられています。

 しかし、まあ10巻ぐらいになるとマンネリにはなってくるのですが、今回は小ネタがツボにはまりまして、ご紹介しようと思い立ちました。それは主人公の同僚とワインをインターネットで買うという場面なんですが、その同僚のPCの画面をみつつ、「ム、おまえ、いつの間にワイン屋のメルマガの嵐に」とつぶやくところ。

 実は、小生のメーラーも京橋ワインをはじめワイン屋さんのメルマガの嵐になっていまして、「わかる、わかる」みたいな。

Ducru_beaucaillou

 あと、もうちょっと物語が進んだところで建築家が「私が預けている中から…」とレストランでワインをオーダーするんですが、小規模ながら似たようなことをやらせていただいているお店がありまして(勝手にマイカーブと呼んでおります)、ここでも「わかる、わかる」みたいな。

 とにかく、美味しいワインをいただく、しかも気のあった友人たちとアレコレ勝手な批評を加えながら、というのはこんなに楽しい時間というのも、あまりないな、と思うぐらいで有りがたい限りです。

|

« 『日本サッカー史 資料編』 | Main | 岡山「やまと」のカツ丼 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/14073718

Listed below are links to weblogs that reference 『神の雫』:

« 『日本サッカー史 資料編』 | Main | 岡山「やまと」のカツ丼 »