« 『外国人投資家』 | Main | 『ブロークバック・マウンテン』 »

January 24, 2007

イタリアワインおそるべし

Lappritia

 なんか、今月はイタリアワインづいていまして、印象的なワインを3本あけました。飲みっぱなしにしておくのももったいないので、印象を…。

L'APPRITIA 2001

 CASTELLO DI AMAのL'APPRITIA みたいに香りがいいワインは、個人的にシャトー・パルメ以来。

 しかも、味はL'APPRITIAの方が深い。完璧。2001年というヴィンテージはトスカーナのグレートヴィンテージとされているだけはあります。

 ラッパリータで使われている葡萄種はメルロ。しかも100%。トスカーナのメルロという新ジャンルを確立したワインともいわれていますが、とにかく。素晴らしい。時々あけたいと激しく思うワインです。

Castello_di_ama_chianti_classico

CASTELLO DI AMA CHIANTI CLASSICO 2003

 ラッパリータがあまりにもよかったので、おなじカステッロ・ディ・アマのキャンティ・クラシコもいってしまいました。

 タンニンの質感がよかったでしょうか。

 葡萄種はもちろんサンジョヴェーゼが中心。

 値段も含めて良心的なワインです。

Gaja_1989

GAJA BARBARESCO 1989

 そして、ついにいっちゃいました。イタリアワインの帝王、GAJA BARBARESCO。しかも古酒といっていい1989です。生産者はアンジェロ・ガイア。生産地のピエモンテはイタリアの北西に位置する州で北はアルプス山脈のスイス国境、西はフランスに接しています。

 89年は90年、88年、85年、79年、78年、71年とともに優良収穫年といわれていまして、ちゃんと保存しておけば20年以上の熟成に耐えうるという底力を感じさせてもらいました。葡萄種はネビオーロ100%。

 ガイヤ バルバレスコの色はガーネット。ブラックベリー、プラム、すみれの香りもちゃんとして、やっぱり、イタリアワインといってもちゃんと温度管理されていたのが嬉しかったです。やや辛口でタンニンも多くフルボディ。時々あけたいと激しく思うワインです。

|

« 『外国人投資家』 | Main | 『ブロークバック・マウンテン』 »

WINE」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/13639891

Listed below are links to weblogs that reference イタリアワインおそるべし:

» めざし【ひもの屋in沼津】 [ひもの屋in沼津@干物三昧ドットコム]
めざしを焼く時は焼き上げるというより「炙る(あぶる)」程度で熱が通ったところを醤油とマヨネーズをつけて食して頂きますと、とても美味しくお召し上がり頂けます。「うまい!!」と言える「めざし」です。これは酒のツマミに最高です。4匹x3串で1パックとなっています。千葉県の房総近海に水揚げされた新鮮で上質な背黒イワシだけを使用しております。... [Read More]

Tracked on January 26, 2007 at 03:23 PM

« 『外国人投資家』 | Main | 『ブロークバック・マウンテン』 »