« 『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』 | Main | 『歌右衛門合わせ鏡』 »

December 28, 2006

「エドヤ」のタンシチュー

Edoya_tongue_stew

「エドヤ」港区麻布十番2-12-8 3452-2922

 ボーナスとか出ちゃうと「ランチはちょっと美味しいモンでも喰いにいくか」みたいな感じで、なかなか思い切って頼めないメニューをいっちゃうことがあります。「エドヤ」のタンシチューはそんなとっておきのメニューのひとつ。

 洋食屋さんはビーフシチューやタンシチュウ、ハヤシライスなんかのドミグラスソース系料理で勝負が決まっちゃうみたいな感じあるじゃないすか。だから店も気合いを入れてつくってくれます(値段も、例えばエドヤでは3150円と気合いが入りすぎなのが玉に瑕なのですが…)。

 シチューはけっこう時間がかかりますので、まあ、年にそう何回もないということで、ビールとガーリックトーストなんかをつまみに頼んで待ちましょう。

 すると15分ぐらいで出てくるのがこれ。

 もう、見たまんまの肉のトロトロ感というかホロホロ感がナイフにも伝わってくるみたいな感じ。ホクホクしながら肉を切っている時点で、口の中にジュワッと旨味が広がってしまう、みたいな。そして、フォークで口に運ぶと、もうそれは思い出の味の追体験というか、さらに旨いというか。

Edoya_garlic_toast

 まあ、個人的にはもうちょっと熟成度というか、濃い方が好きなんでありますが、十分に美味しいドミグラスソースであります。

 もちろん最後はバゲットを頼んで、きれいにお皿をぬぐいます。つか、ぬぐえることのうれしさよ。

 「ボーナス日 ハシヤで大盛り ランチビア」っていうのと同じぐらいに「年の瀬に エドヤでランチ タンシチュー」ってのも好きです。

|

« 『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』 | Main | 『歌右衛門合わせ鏡』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/13232655

Listed below are links to weblogs that reference 「エドヤ」のタンシチュー:

« 『人はなぜ太るのか 肥満を科学する』 | Main | 『歌右衛門合わせ鏡』 »