« 『西洋哲学史 近代から現代へ』 | Main | 『追悼記録 網野善彦』 »

November 07, 2006

ノヴェッロがバカ旨

Novello2

 ボジョレー・ヌーボーのバカ騒ぎにはついていけず、よく行くワインバーもその時期には遠慮するほどなのですが、昨日から解禁になったイタリアの新酒“ノヴェッロ”にはまいりました。まあ、フランス語のNouveauがイタリア語ではNovelloになってるだけですが、11月に初めて出荷されるフレッシュな赤ワインというのはまったく同じ。だから、これまでは「別にいいっすわ」とお断りしていたのですが、ダマされたと思って飲んでみて、といわれたら、本当にごく普通に旨かったんですねぇ。

 昨日、飲んだのは南部のプーリア州にあるカステッロ・モナチ社のノヴェッロ“フェウド・モナチ・プリミティーボ・ノヴェッロ・サレント”。なんでもノヴェッロは、発生した炭酸ガスで加圧された中にブドウをおくことによって、自らの重みで自然に流れ出る果汁と、まだ形を保っているブドウ果実を発酵させる「マセラシオン・カルボニック(炭酸浸漬法)」という方法で、タンニンや酸味が控えめな、明るい色づきワインを造るとのこと。

No1vine

 今回、フランスではあまり高い赤ワインは抜かなかったのですが、代わりといってはなんですが、イタリアでは100ユーロ超のスーパートスカーナとかロンバルディアのいいのなんかを飲みました。で、一番、美味しかったのは、あまり高くはなかったけどMazer”マゼール”ヴァルテッリーナ・インフェルノ。「すばらしい」という意味の畑名「マゼール」でつくられたこのワインは、ヴァルテッリーナ・スーペリオーレの4地区のなかでも段々畑という特に収穫作業の厳しいインフェルノ(地獄)地区産とのこと。

 本当に明るくて美味しいワイン。

 イタリアのワインは来てますねぇ、という感じです。

|

« 『西洋哲学史 近代から現代へ』 | Main | 『追悼記録 網野善彦』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/12590068

Listed below are links to weblogs that reference ノヴェッロがバカ旨:

» ◎イタリア新酒ワイン:今年の『ビーノ・ノヴェッロ』、当たり年... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 日本の11月は食卓が賑やかになる。というのも、フランスの「ボージョレー・ヌーボー」が16日に解禁される。それを前にイタリアの新酒ワイン「ビーノ・ノベッロ」が既に6日に解禁されている。 2.イタリア2006当たり年 秋が深まるイタリアではキ...... [Read More]

Tracked on November 08, 2006 at 07:18 PM

» ボジョレー ヌーボー ガイド [コーヒーメーカー、ワインセラーならデバイスタイル]
ボジョレー ヌーボーに関する記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問ください。尚、トラックバックは大歓迎です! [Read More]

Tracked on November 10, 2006 at 01:55 AM

» フランス [2ch備忘録(主に俺用)]
914 774mgさん sage New! 2006/11/20(月) 15:28:15 ID:HxDinMKrペシェは何の略ですか?915 774mgさん sage New! 2006/11/20(月) 16:00:50 ID:iZNT7kyzフランス語です略してません桃って意味です916 774mgさん sage New! 2006/11/20(月) 17:12:02 ID:0OtY... [Read More]

Tracked on November 22, 2006 at 08:21 AM

« 『西洋哲学史 近代から現代へ』 | Main | 『追悼記録 網野善彦』 »