« 『祖先の物語 ドーキンスの生命史』 | Main | 『道徳哲学講義』 »

September 12, 2006

「角平」のつけカレー

Kadohei_tsuke_curry

「角平」 横浜市西区平沼1-36-2 045-321-4341

 これは絶品。

 普通のカレー蕎麦はカレー南蛮の中に暖かい蕎麦を入れて供されるが、角平のつけカレーは「わかれ」で出てくる。蕎麦はもりと同じく冷水で締められている。その蕎麦を暖かいカレー南蛮につけていただくのが角平のつけカレー。

 いま、ラーメンでも、つけめんの方が進歩しているというか、二度おいしいというか、変化が楽しめるというか、麺そのものも味わうことができると思うのだが、角平のつけカレーもまさにそんな感じ。

 単純に暖かなカレー蕎麦だったら、カレー南蛮の汁にここまでコクとスパイスは感じられなかったと思う。

 ちょっと変化が欲しくなったら七味をかけるとまたカツ!が入る。

 学生時代だったら大盛りにしてお代わり(追加の蕎麦\430)も頼んじゃうのにな、と思えるぐらい。

Kadohei_katsuni

 しかし、今日は、ビールをカツ煮をお供にして飲んでしまったりしたので(ま、フツーか…)、蕎麦は普通盛り。

 お汁は最後の一滴まで飲み干してしまいました。

 それほど旨い。

 なんでも平沼一帯は"裏横浜"と呼ばれているようですが、まさにそんなハードボイルドさの中に職人ワザを感じさせてくれるような裏"ハマカレー"って感じでした(ちなみに"ハマカレー"に正式認定されています)。

 いやー、角平は深いです!

|

« 『祖先の物語 ドーキンスの生命史』 | Main | 『道徳哲学講義』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

やばっ!・・・そんな言葉が飛び出しそうなほど旨そう(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

写真が綺麗なせいもあるのでしょうが、そもそもご趣味が宜しいのですな+.(`・ω・´)゚+.゚キッパリ!!

帰国の際は「角平」さんにお邪魔するつもりです。
ゆずこしょう、記憶にあるのはいつだったことやら・・・(ノ_<。) シクシク

Posted by: Ryo | September 14, 2006 at 03:08 AM

Ryoさん、どーも

角平は、ほんと、雰囲気がいいんですよねぇ。日本に帰ってきた、という感じがすると思います。しかも、旨いし、盛りもいい。ぜひ!

Posted by: pata | September 14, 2006 at 07:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/11863970

Listed below are links to weblogs that reference 「角平」のつけカレー:

« 『祖先の物語 ドーキンスの生命史』 | Main | 『道徳哲学講義』 »