« 『生命40億年全史』 | Main | 「吉野屋」の牛丼 »

September 17, 2006

MARCEL DEISS

Marcel_deiss_grand_cru

 この夏のアルザスワインの締めくくりはMARCEL DEISSのドメーヌのものにしました。

 アルザスワインといえば、まっさきにリースリングあるいはゲヴェルツ・トラミネールなどの葡萄品種を確かめ、いったん記憶の中からその品種の思い描き、その品種の味をアタマと舌で再構築しながら飲む、みたいな感じではないでしょうか。

 ところがMARCEL DEISSのアプローチはまったく違っています。

 悪くいえばゴチャ混ぜ。

 なんつうか、フツー、あり得ませんww

 地元ベルグハイムの畑にアルザスの伝統品種の混植し、テロワールそのものの個性を引き出すようにつくっている、といいます。

 信じられない。でも旨い。

 最初に飲んだのがAltenberg de Bergheim Grand Cru ( アルテンベルグ・ド・ベルグハイム グラン・クリュ )2001。最初の一杯で目が覚めるというか、貴腐菌の甘さが脳を直撃する感じ。衝撃を受けました。

Marcel_deiss_1cru

 次いでGruenspiel 1er Cru (グリュエンスピール プルミエ・クリュ)2001。これはリースリング、ピノ・ノワール、ゲヴェルツトラミネールを3分の1ずつブレンドしたというもの。で、今年飲んだ全てのアルザスワインの中で、一番、おいしかった。舌の横で少しスパイスを感じるけど、Grand Cruのような強烈な甘さは感じなません。すっきりした清涼感はあるけど、濃厚さもある。

 来年はこのドメーヌのワインを片っ端から飲んでみようかな、みたいな。

|

« 『生命40億年全史』 | Main | 「吉野屋」の牛丼 »

WINE」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/11925785

Listed below are links to weblogs that reference MARCEL DEISS:

« 『生命40億年全史』 | Main | 「吉野屋」の牛丼 »